漂月の一覧

「漂月」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/03/14更新

ユーザーレビュー

  • 潜伏賢者は潜めない ~若返り隠者の学院戦記~1

    買って良かった

    一冊全て私には完璧に感じられました。
    説明するより読んで下さいと言いたい。
    スバル・ジンという存在、その理念、知識、思考、口調、二重の立ち位置、力、諸々素敵です。
    難しい学術部分もありますが話の展開には必須な要素。
    続きが待ち遠しい。


  • 脇役艦長の異世界航海記 ~エンヴィランの海賊騎士~3
     大団円を迎える3巻である。ネット連載分を綺麗に消化してのシリーズ完結となっている。
     艦長帰還後のパラーニャ王国の様子が描かれた「最高の名脇役」の加筆も含めて、実に綺麗に物語は終止符が打たれている。

     この巻ではバフニスク連邦勢力との対決が本格的に描かれているが、13章「艦長の覚悟」における一騎...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官12
     イラスト担当が変わり、心機一転で始まる後日談シリーズの一巻目となる12巻である。
     手島nari。さんがイラストを担当となった今巻からのシリーズだが、この物語が持つ色合いや雰囲気をよく掴んだ絵を描いてくれている印象である。
     メインは十歳前後まで作中で成長しているヴァイトの娘・フリーデになるだろう...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官 11
     シリーズ本編完結巻である11巻である。クウォール出張編にケリを付け、なおかつ異世界で最初となるだろうカイザーの成功例を描いた物語である。
     クウォールでの物語は、実際のところ一つ歯車が狂っただけで大乱となったに違いない危うさを孕んでいるが、副官殿があまりに優秀なためにイージーに見えてしまうのが難点...続きを読む
  • 脇役艦長の異世界航海記 ~エンヴィランの海賊騎士~2
     脇役を自称する空飛ぶ戦艦の艦長が主人公たちを手助けする物語シリーズの第二巻である。
     この巻でもまた、生贄という悪習を改めようとするレインメーカーや軍人としての誇りを捨ててまで戦友を救わんとする鷹たちなど、一本筋の通った人々を助ける物語が多く描かれている。
     その一方で、前巻退場した雷帝の後継者や...続きを読む