人狼への転生、魔王の副官1 魔都の誕生

人狼への転生、魔王の副官1 魔都の誕生

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

魔王軍第三師団の副師団長ヴァイト――それが、人狼に転生した俺の今の姿だ。

そんな俺は交易都市リューンハイトの支配と防衛を任されたのだが、魔族と人間……種族が違えば文化や考え方も異なるわけで、街ひとつを統治するにも苦労が絶えない。

俺は元人間の現魔族だし、両者の言い分はよくわかる。
だからこそ平和的に事を進めたいのだが……。
やたらと暴力で訴えがちな魔族たちを従え、文句の多い人間たちも何とかして、今日も魔王軍の中堅幹部として頑張ります!

「小説家になろう」四半期総合ランキングの第1位を獲得。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
アース・スター エンターテイメント
掲載誌・レーベル
アーススターノベル
シリーズ
人狼への転生、魔王の副官シリーズ
電子版発売日
2015年12月16日
サイズ(目安)
7MB

人狼への転生、魔王の副官1 魔都の誕生 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年11月18日

    人狼への転生だが、前世の記憶のおかげで脳筋ではなく、人の気持ちもわかるので魔族と人との折衝でも大活躍する、副官ヴァイトのストーリー。
    ネット判に加筆ありで読みやすくもなってます。
    書き下ろし『ヴァイトの少年時代』少年時代の日常と師匠ゴモロヴィアとの出会い。
    イラストもいいです。本文がイメージしやすい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月26日

     タイトルの通り、ファンタジー世界で人狼に転生した、魔王軍で副官を務める主人公の物語である。と言ってもダークヒーロー物ではなく、魔王軍において人間の心情を推し量れる貴重な人材として制圧した拠点であくせく働く、ある種の内政物であり、軍記物である。
     元はネット小説であり、この感想を書いている時点でも精...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月16日

    人狼に転生してしまった日本人が、魔王の副官となって活躍する異世界ファンタジー。

    魔族や人間を善悪で区別せず、生物の差異として捉える視点がいい。
    魔族の体と人間の心を持つ主人公の、人間という存在への考察が、作品に深みをもたらしているかんじ。

    魔族では、人狼、巨人、吸血鬼、犬人、猫人、そして人間も、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

人狼への転生、魔王の副官 のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 人狼への転生、魔王の副官1 魔都の誕生
    魔王軍第三師団の副師団長ヴァイト――それが、人狼に転生した俺の今の姿だ。 そんな俺は交易都市リューンハイトの支配と防衛を任されたのだが、魔族と人間……種族が違えば文化や考え方も異なるわけで、街ひとつを統治するにも苦労が絶えない。 俺は元人間の現魔族だし、両者の言い分はよくわかる。 だからこそ平和的に事を進めたいのだが……。 やたらと暴力で訴えがちな魔族たちを従え、文句の多い人間たち...
  • 人狼への転生、魔王の副官2 勇者の脅威
    魔王軍と同盟を結んだ交易都市リューンハイトでは、魔族と人間の共存が叶い、街は占領前よりもいっそう賑わいを見せていた。ちなみに人狼の俺は、第一師団の所属に昇進。まあ、相変わらず“副官”だけどな。そんななか、魔王軍第二師団が侵攻する大陸北部に“勇者”が出現したとの情報が入る。魔王に匹敵する強さを秘めた人間――勇者。その存在を危惧する俺は、師匠とともに勇者が現れたとされる城塞都市シュベ...
  • 人狼への転生、魔王の副官3 南部統一
    新生魔王軍――始動!! コミック版も大好評連載中! 6,000万PVの大人気転生ファンタジー! 師匠が二代目魔王となった新生魔王軍は、 先王様の意志を受け継ぎ、魔族と人間の共存を目指して再び歩み始めた。 第一師団の副官……つまり“魔王の副官”であるヴァイトは 魔王軍の次なる味方を捜して、大陸南部で最大の街ベルーザへと向かうことに。 ところが、太守ガーシュと話してみると、 どうやらベルーザは現在...
  • 人狼への転生、魔王の副官4 戦争皇女
    「小説家になろう」年間ランキング第2位! 7,500万PVの大人気転生ファンタジー! コミック版も大好評連載中! 異国の皇女、襲来! 長きにわたるミラルディア北部vs南部の戦いがついに終結!? 魔王軍と同盟を結んだミラルディア南部の八都市は、 新たな国家『ミラルディア連邦』を結成。 俺(ヴァイト)たちが理想としてきた 魔族が安心して暮らせる国づくりは順調に進んでいる。 そんな中、ザリア戦での...
  • 人狼への転生、魔王の副官5 氷壁の帝国
    魔王軍、北の帝国(ロルムンド)へ進出!! 俺(ヴァイト)たちは、ミラルディア北部を手中に治めたエレオラを敗り、ついに南北を合併させた。 今後ミラルディアは『ミラルディア十七都市連邦』として再出発する。 つまり、元老院だけが消えて元の鞘というわけだ。 だが、それだけではない。 俺たちの手の中には北の帝国(ロルムンド)の正当な帝位継承権を持った皇女エレオラがいる。 ……これを使わない手...
  • 人狼への転生、魔王の副官6
    帝位継承権争いで、ついに戦争勃発!? 北の帝国(ロルムンド)は大混乱! 俺(ヴァイト)たち魔王軍が北の帝国(ロルムンド)でエレオラによる帝位簒奪を後押ししている最中、ついに現皇帝が崩御。 それを皮切りに、それぞれの派閥が密かに動き始めていく。 順当にいけば帝位継承権1位である皇帝の息子(アシュレイ)が後を継ぐはずだったが、なんと同時期に継承権2位のドニエスク公が暗殺される。 ドニ...
  • 人狼への転生、魔王の副官7
    ロルムンド編完結! 女帝エレオラ誕生!! 「小説家になろう」年間ランキング第2位! 1億6000万PVの大人気転生ファンタジー! シリーズ累計30万部突破! コミック版も大好評連載中! 帝位争いのなかで起きた「ドニエスクの乱」が鎮圧されてからしばらく、俺(ヴァイト)は北ロルムンドの名家の当主ボリシェヴィキ公と会っていた。 ボリシェヴィキ公といえば、ドニエスク家の最大の後ろ盾だったにも関...
  • 人狼への転生、魔王の副官8
    前世の日本を思わせる東の国で、ヴァイトの転生の理由がついに判明――!? 「小説家になろう」年間ランキング第2位! 1億7000万PVの大人気転生ファンタジー! シリーズ累計35万部突破! コミック版も大好評連載中! ロルムンドから戻ってしばらくしたある日、俺(ヴァイト)を訪ねて来た女性がひとり。 フミノと名乗るその女性は、前世で見たことのあるような日本風の巫女服を纏う“ワの国”の使者だった。...
  • 人狼への転生、魔王の副官9 魔王の花嫁
    3人目の魔王は、まさかの人間――!? 1億8000万PVの大人気転生ファンタジー! シリーズ累計40万部突破! コミック版も大好評連載中! 魔王さまと副官のヴァイト殿が街を旅立ってからしばらく、 私(アイリア)は不自然なものが見つかったという鉱山へ調査隊を派遣していた。 鉱山では魔法具の『杯』を手にした死体が動き出し 同時に、大量の骸骨兵が湧きだして鉱山から街々へと侵攻。 そんなとき、勇ま...
  • 人狼への転生、魔王の副官10 戦神の王国
    太守アイリアが第三代魔王に就任し、相変わらず魔王の『副官』を務めているヴァイト。 ある日、ミラルディアより遥か南の国クウォールの国王から親書が届く。 いつ内乱が起きるかわからない状況の中、魔王軍は情報収集として調査官を現地に送り様子を見ようと考えていたが、いよいよ反乱が起こり、さらには調査中に兄弟子(兄弟子=パーカー)が行方不明になってしまい――!?
  • 人狼への転生、魔王の副官 11
    ヴァイト編クライマックス! 国王と沿岸部の諸侯の対立を解決するため南の国に渡ったヴァイト。 様子のおかしい傭兵隊隊長ザカルを見張っていたところ、奴は「ヴァイト」の名を語って国王を呼び出し殺害、証拠隠滅のために死体を井戸へと投げ捨てた。 国王が行方不明となり国中が混乱するなか、ザカルは国を自分のものにすべく隊を王都へと置き功績を上げようと画策する。 そんな強欲の化身ザカルの狙いを...
  • 人狼への転生、魔王の副官12
    副官(ヴァイト)は平和な世界でも大忙し――!? 問題解決のため、国境を越えて東奔西走!! 南国クウォールでの未曽有の大混乱が解決し、 隣国のクウォール、ロルムンド双方と友好的な関係を築きながら 平和な毎日が流れていくミラルディア。 その一番の功労者である魔王の副官ヴァイトは、 相変わらず忙しくしつつも、 妻アイリアとの間に生まれた娘フリーデが成長する姿を日々楽しみにしていた。 しかし、...
  • 人狼への転生、魔王の副官13 二人の姫
    北の帝国(ロルムンド)、再び――!! 2人の少女の友情が国交親睦の要となる!? 生きる伝説“黒狼卿”ヴァイト、“魔王”アイリアの偉大な両親の姿を見て育った娘のフリーデは幼馴染のユヒテ、シリンとともに女帝エレオラが統治する氷壁の帝国ロルムンドへ使節団の一員として派遣されることとなった。 初めての外国で父の偉業を目にしながら研鑽を積んでいくフリーデはその中でエレオラの姪のミーチャと仲良くな...

人狼への転生、魔王の副官 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています