「西E田」おすすめ作品一覧

「西E田」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/17更新

ユーザーレビュー

  • 人狼への転生、魔王の副官7
     ロルムンド帝国編の完結となる7巻である。ここではドニエスクの乱以後、ボリシェヴィキ公を中心に巻き起こる陰謀劇が繰り広げられている。
     実はこの辺の展開にはネット版では賛否があった印象があったが、こうして一冊の本として読み返してみると、きちんと整理された展開には感心させられる。ミーチャの物語に仮託さ...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官6
     北の帝国ロルムンドでの皇位継承を巡る内訌が本格化した六巻である。ここでは皇帝崩御後のアシュレイとドニエスク家の争いを中心に据え、そこに参戦するヴァイトとエレオラの連合軍を描いている。
     おそらくはシリーズでも屈指の展開だろう。内訌に次ぐ内訌から生まれた戦争はこの一巻で収束するコンパクトさであり、こ...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官5 氷壁の帝国
     氷壁の帝国ロルムンドでエレオラを女帝へと押し上げようと企てるヴァイトの物語、いわばロルムンド編の開幕巻である。
     南部の攻略、勇者との対峙、ロルムンドからの刺客エレオラとの対決と物語は南ミラルディアを中心に展開してきていたこのシリーズ、今巻からは完全なるアウェイでの物語が紡がれる。その裏話が後書き...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官2 勇者の脅威

    良い

    一巻に続き二巻も読ませていただきました。
    この作品を読んでいるとキャラクターたちが
    イキイキしてる様に感じられます。
    特に脇役のキャラたちが個性的で、印象に残ります。
    そのキャラクターなりの人生、みたいなものが
    少ない文章から想像を書き立ててくれます。
    とても楽しいです!

    出来れば、長く続いて欲し...続きを読む
  • 人狼への転生、魔王の副官1 魔都の誕生
    人狼への転生だが、前世の記憶のおかげで脳筋ではなく、人の気持ちもわかるので魔族と人との折衝でも大活躍する、副官ヴァイトのストーリー。
    ネット判に加筆ありで読みやすくもなってます。
    書き下ろし『ヴァイトの少年時代』少年時代の日常と師匠ゴモロヴィアとの出会い。
    イラストもいいです。本文がイメージしやすい...続きを読む

特集