松田十刻の作品一覧

「松田十刻」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/05/27更新

ユーザーレビュー

  • 東条英機 大日本帝国に殉じた男
    決して東条を含め、旧帝国軍の首脳達を賛美するでも、徹底的に否定するわけでもない、俺は少なくとも。
    はたまた先の大戦が自衛戦争とも言わない。かといって単なる侵略戦争ともいえない。ヒットラーもTOUJYOもあの時代が生んだ偶像でしかない。この本を読めば、彼の人間性に触れることができる。彼が直接数万の人を...続きを読む
  • 東条英機 大日本帝国に殉じた男

    ドイツがヒトラー、イタリアがムッソリーニなら、日本は東条英機がファシズムの代表か。
    A級戦犯は二百人以上いるが、どうして東条英機の印象だけが強いのか。
    太平洋戦争は、なぜ引き起こったのか。
    本作はフィクションではあるが、中々読み応えがある。筆者が述べているが、東条を美化するわけではなく、東条の視点...続きを読む
  • 東条英機 大日本帝国に殉じた男
    東条英機と言う人物がなぜ戦争開始時の
    首相となったか?がよく理解できる本。
    たんねんに当時の記録をつなぎあわせて
    世相や軍部の動きなどが良く理解できます。

    この人もある意味、時代の被害者だったのかな?って
    感じました。
    内心の葛藤を描いたシーンでは、粛然とさせられてしまいます
  • 角田覚治(かくたかくじ) 「見敵必戦」を貫いた闘将
    戦中の戦闘の様子はありきたりというか資料そのまま纏めた感じで新鮮味は全くありませんでしたが幼少期や戦前の逸話や家族の絆に関する話は興味深かった
    人物的には見敵必戦の闘将としてよい意味での解釈しかないので人物評としては全く新鮮味なし
  • 紫電改よ、永遠なれ 祖国防衛に散った若者たち
    史実を基に著者の想像も加えた戦記小説。菅野直を中心とした343空のエースたちの本土防空の戦いを描く。
    誤字脱字、似た表現とか同じ内容の繰り返しとかがちらほら。堅苦しくなく読みやすいけど、上手な小説かといわれるとそれほどでもない印象。
    空戦機動を文章のみで表現して、それを読んで理解するっていうのはなか...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!