「黒川勇人」おすすめ作品一覧

「黒川勇人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36
    読書録「日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36」4

    著者 黒川勇人
    出版 講談社

    P7より引用
    “缶詰はもともと、常温のままでどんな物流にも乗せられるから、
    ネット通販と相性がいいのだ。”

     目次から抜粋引用
    “むきそば
     金目鯛
     味付巻ゆば
     だし巻き
     ミニとろイワシ”

     缶詰博士と呼...続きを読む
  • 日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36
    日本全国で売られている缶詰。
    その中の驚くべきものを詰めた物体、達。

    驚き、と言われても、鯖以外ほぼ知りません。
    とはいえ、それすらも見知らぬ鯖缶。
    地域限定となると、何それは、の域。
    コンビーフは存在を知っていましたが
    それほどにもカロリーがあるとは…。
    恐るべし缶。

    ちょっと食べてみたい! ...続きを読む
  • 缶詰博士が選ぶ! 「レジェンド缶詰」究極の逸品36
    レジェンドと呼ぶほどのことかどうかは知らないけれど、読んでから缶詰を急に食べたくなったのは否定できません。(^^;
    新書らしく、文体の割には、内容がシンプルであまり盛った感じがしないのは好印象。
    ベスト 100 ぐらいまで膨らませて文庫化することを希望します。(^^
    しかし、コンビニ中心の生活をして...続きを読む
  • 缶詰博士が選ぶ! 「レジェンド缶詰」究極の逸品36
    この本を読んでいると無性に缶詰が食べたくなる。

    まず著者の缶詰への愛情が半端ない。各缶詰の特徴や今までの歴史、更に自分の幼少期の思い出を重ねることで、より身近さと懐かしさを読者に感じさせる。

    また、ワンポイントレッスンならぬワンポイントアドバイスによりちょっと手を加えることで更にグレードアップし...続きを読む
  • 日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36
     趣旨はおもしろいんだが、いかんせん文章に癖がありすぎる。

     文末を締めくくるのに『~であります』『~ですぞ』と濫用している。ブログなら良いが、一冊の本にまとまった形になると正直鬱陶しい。

     これが現代新書と+α新書の違いとなれば、まあそこまでだが……