「犬童一心」おすすめ作品一覧

「犬童一心」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/02/03更新

ユーザーレビュー

  • 我が名は、カモン
    ボクはジョゼが大好きでその監督の犬童一心さんが書いた本だというので興味深く読ませていただきました。面白かったです。ボクも少しだけ演劇をしたこともありましたしその頃を少し思い出したりもしました。
  • セーラーゾンビ(4)
    何故人がゾンビ化したのかなどの説明がないまま、女子高生たちの間での対ゾンビ生活が展開されて行く。心がない筈のゾンビに対して効果を生み出すアルルの歌の根拠も提示されない。加え、絵柄はゾンビものには程遠いイマドキの柔らかいアニメ柄的な線なので、リアリティーは無いのだが、不思議と4巻一気に読んだ後の爽快感...続きを読む
  • 我が名は、カモン
    やっぱりブラックジョークは織り込まれているの?
    と、エキストラとして彼のドラマに一緒に出演した彼女は言った。

    いや、そんなでもない。
    でもやっぱり脚本家だな、そのままこの内容をドラマにできそうだし、中で登場する演劇話だって、そのまま舞台に使えそうだ。

    ドラマと演劇 一粒で二度おいしいって感じだな...続きを読む
  • 我が名は、カモン
    現役の脚本家、映画監督が、演劇を作るということを題材に書き上げた小説。

    題材は、舞台となっているが、皆で協力して一つのものを作り上げる。なかには偏屈もいれば、初めて取り組む新人さんもいる、そして主人公はその只中でリーダーとなって働くおじさん。(というところにも共感してしまう)
    それは、半沢直樹にし...続きを読む
  • 我が名は、カモン
    序盤の若い女優さんのエピソードにグッときたけど,その後は,正直その熱さについていけないというところもあったり,この人をコメディ担当にするのはいいけどちょっとわかりやすすぎと思ったり,(そう思って読んでるからだろうけど)小説家さんの本ではないなという印象。面白くなかったという感想ではないし,主人公に好...続きを読む