「別宮貞徳」おすすめ作品一覧

「別宮貞徳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/16更新

ユーザーレビュー

  • モリー先生との火曜日
    スポーツ・コラムニストとして忙しい日々を送っていた筆者が、難病に侵されている大学時代の恩師モリーを偶然テレビで見かける。その後、病床の恩師を毎週火曜日に訪れて、死、家族、感情、金などについて授業を受ける。その時の記録が本書。

    死を目前にして身体の自由を奪われた状態で、どうしてモリーはこんな言葉をは...続きを読む
  • モリー先生との火曜日
    人生について。愛について。
    死ぬということ、介護されるということ。

    難病ALSに侵されたモリー先生と、昔その生徒だったミッチ。
    週に一度、モリーの家での話を通じて、大切なものを思い出させてくれる。

    ずっと手元に置いておきたい本だ。

    [more]
    (目次)
    カリキュラム−恩師の生涯最後の授業は、...続きを読む
  • モリー先生との火曜日
    生きていく上で少し迷ったとき、いつもこの本のことを思いだせたらいいなと思った。
    愛についての考え方が素敵すぎる。
  • モリー先生との火曜日
    「1万円選書」で選んでいただいた、私が普段読まない類いの本シリーズ。

    有名な本で映画化もされているらしいことですが、
    内容は本当に読み応えがありました。
    「生きる」ということ「死ぬ」ということ、
    普段考えないことを、
    ALSで死に向かうもリー先生の姿から考えさせられます。

    最後の方は、かわいいモ...続きを読む
  • モリー先生との火曜日
    読んで本当に良かったと思える貴重な本。特に後半の部分は強く心に突き刺さる。人生の意味、家族や友人の意味、働くことの意味など、いろいろ振り返ることが多かった。この時期に読んだことがタイミングとしても良かったのだと思う。「人生に意味を与える道は、人を愛すること、周囲の社会のために尽くすこと、自分に意味と...続きを読む