「見田村元宣」おすすめ作品一覧

「見田村元宣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/10/02更新

ユーザーレビュー

  • あの社長の羽振りがいいのにはワケがある
    201009/
    会社にとって一番得なのは、1年の間で最も儲かる月を期首にしてしまうこと:期首で上がった利益は節税にかける時間がある・税引き前の利益を設備投資や広告宣伝費などに使える・儲かったお金で固定資産を買えば減価償却費をまるまる1年分計上できる・予想より利益が少なかった場合1年間かけて経費削減を...続きを読む
  • あの社長の羽振りがいいのにはワケがある
    著者は税理士。

    経営における視点が学べるとても良い本です。

    特に中小企業の経営者の方にお薦めな本です。


    会社の経理は担当者と税理士任せでは駄目。

    勉強になりました。
  • ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査ココが狙われます!!
    税務調査でよく論点になるものについて、わかりやすい言葉で解説。たとえば過大な役員報酬、海外出張旅費のうち業務外のもの、設備の修繕費など。
    また、調査官は若干無理があっても否認をふっかけてくることも解説。きちんと反論しないが為に余計な税金を支払っている例が少なくない。納得いかなければ更正して下さいと伝...続きを読む
  • あの社長の羽振りがいいのにはワケがある
    「朝四時起きの税理士」で有名な見田村税理士の比較的最近の著作。中小企業がキャッシュリッチになるためのノウハウがわかりやすく綴られている。「中小企業は八百屋経営を目指せ」「売掛金・在庫をできるだけ持たない」「きちんとシミュレーションをして節税する」等々、著者のキャッシュフロー哲学を背景とした主張が展開...続きを読む
  • あの社長の羽振りがいいのにはワケがある
    220 あの社長の羽振りがいいのにはワケがある 見田村元宣 2010 0213/2010 0806 214P

    商品は仕入れてから 何日程度で売れていますか?
     キャッシュフローを意識し 早くしましょう
      その日に買付 その日に回収 が理想

    会社にとって一番得なのは
     1年の間でもっとも儲かる月...続きを読む

特集