加藤仁の一覧

「加藤仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/22更新

ユーザーレビュー

  • 宿澤広朗 運を支配した男
    ラガーとバンカーの2つの領域でトップクラスの成果を出した宿澤広朗氏のノンフィクション本。
    著者の取材力、文章力の高さもあり、非常に面白い読み物に仕上がっている。
    特に、宿澤広明氏が、文武両道で双方に優れた結果を残しつつも、リーダーとしての孤独を感じていたのではないか、という著者の洞察は深い。

    ・努...続きを読む
  • 定年からの旅行術
    定年にはまだ間があるけれど、そうなってから考え始めても遅い。準備が必要だ。「旅の名人は人生の達人」、言いえて妙。無理してマニアックな旅はするつもりはないが、県庁所在地、全市制覇、はたまたある一定以上の広さの島制覇…。夢は広がる。テーマを持って旅をしたい。もちろん予算は効率的に!
  • 定年からの旅行術
    「遠くへ行きたい」(♪知らない町を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい♪)の歌のように、知らない土地を気ままに歩く愉しさは何とも言えないですね。加藤仁氏の「定年からの旅行術」(2009.9)を読みました。地域発見・日帰りの旅、夫婦で行く旅、男も女もひとり旅、街道をゆく、ライフワークとしての大旅行の5つ...続きを読む
  • ディーリングルーム25時 「円」の戦士の栄光と挫折
    為替ディーラーを描いたノンフィクション。
    1年で数百億円を稼ぐこともあれば、4年で97億円もの損失を被ることもある、まさにハイリスクハイリターンな世界。
    まともな神経性じゃ出来ないだろうなーと外野から思うだけで、こういう世界もあるというのを知れるだけでも面白いかも。
  • ディーリングルーム25時 「円」の戦士の栄光と挫折
     一般人が一生かかっても得られない金額をわずか一年で稼ぎ出す為替ディーラーたちの手帳について興味深い記載あり「彼らの手帳は書き込みがほとんどなく真っ白であった。その理由として、為替ディーラーは過去に縛られことを極端に嫌う傾向があるからだ」と説明されていた。勝っても負けても二度と同じ相場には出会えない...続きを読む