「つかこうへい」おすすめ作品一覧

「つかこうへい」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/19更新

ユーザーレビュー

  • 娘に語る祖国
    娘みなこに語りかけるように祖国に対する思いや
    実体験が書かれている。

    女の子として生まれた子供の将来を考えての
    優しい発言、在日韓国人としての実体験や
    憤りなどを赤裸々にしたエッセイ(かな?)。

    かなり思いのまま、筆を走らせている印象。
    でもその正直なところに好感を持った。

    本書が発行されてか...続きを読む
  • 小説熱海殺人事件
    読み終わった後に押し寄せてくるものがすごい。
    それは、彼がずっと背負っていたであろうものであり(いつか公平)、そのまま生きていっても何にもなれなかったであろう社会の底辺を生きる人間の倒錯であったり、真実を真実として伝え続けることによる日常化の恐怖であったり。

    最後の、自身によるあとがきが、もう。
    ...続きを読む
  • 娘に語る祖国
    「娘よ、祖国とはお前の美しさのことです」。劇作家つかこうへいさんが、飾らないけど心に響く言葉で綴った、在日韓国人としての苦悩と自負と希望。読んだ後に、隣の人にやさしくなれる本です。
  • 小説熱海殺人事件
    あまりに俗的で超俗な作家、演出家、舞台の親玉つかこうへいが亡くなって四ヶ月が経つ。
    残念ながら彼の舞台を生で見ることはできなかったので、作家つかこうへいしか知らないが、
    いやはや、実に豪傑という言葉がぴったりはまる人である。

    初期の「小説熱海殺人事件」で「つかの視点」は確立されている。斬新で、むち...続きを読む
  • 傷つくことだけ上手になって
    つかこうへいのこのエッセイは、ほんと今のうちに出会っといてよかったなあ、と思う一冊のひとつ。私だって腕の一本や二本なければ物語の主人公になれるはず。