「森内俊雄」おすすめ作品一覧

「森内俊雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/01更新

梨の花咲く町で
  • ブラウザ試し読み

道の向こうの道
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 梨の花咲く町で
    「梨の花咲く町で」(森内俊雄)読み終わった。いやーまいった。すばらしく洗練された作品集である。うまく言えないが、なんかこう「シュッ」とした感じ。森内氏の作品を読むのはこれが初めてなんだな。ほかの作品を読んでみたくなった。
  • 道の向こうの道
    森内俊雄さんという作家は今まで読んだことがなく、この本が初めて。
    早稲田大学露文科に入学した(昭和31年)大学生の話。自伝的、というか私小説になるのだろう。登場人物の名は皆実名。李恢成は僕でも知っている。
    さすが早稲田の露文、有名人が多い。五木寛之や東海林さだお(!)は後輩だそうだ。

    若者にとって...続きを読む
  • 梨の花咲く町で
    森内先生の作品を初めて手にした。
    無駄なものをすべてそぎ落とした洗練された文章で,澄んだ水の中を漂っているような感覚に陥る。描かれている情景も,まるで写真でも見ているかのようで,素晴らしい作品でした。
  • 梨の花咲く町で
    この老作家は、いとも簡単に時を飛び越えて、40年いや50年前の過去の情景を語り出す。その語り口は、今現在のことがらと過去の出来事を自在に絡み合わせて、独特の味わいをもたらしてくれるのだ。

    熟練の作家が、少年の日々を語るとき、亡くなった人のことを語るとき、あるいは今世紀で火星が一番地球に近づいた年の...続きを読む
  • 道の向こうの道
    私にはとても高尚すぎてすごいなぁという感想で,共感できるなんて言葉は恐れ多い本なのだけど,共感できるところがたくさんあった。本などから自分のものにする言葉を得るということは,続けていきたい。