道の向こうの道

道の向こうの道

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一九五六年、大阪から上京し、早稲田大学露文科に入学。最初の授業でこう言われる。「露文科の学生になったからには、もはや就職はあきらめたまえ」。米川正夫ら教授陣、李恢成など個性豊かな級友たち、著名な学者のコケティッシュな娘、親戚のような大家一家や愛情深い両親の姿……。自在なスタイルで描く自伝的連作集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2018年06月01日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

道の向こうの道 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月22日

    森内俊雄さんという作家は今まで読んだことがなく、この本が初めて。
    早稲田大学露文科に入学した(昭和31年)大学生の話。自伝的、というか私小説になるのだろう。登場人物の名は皆実名。李恢成は僕でも知っている。
    さすが早稲田の露文、有名人が多い。五木寛之や東海林さだお(!)は後輩だそうだ。

    若者にとって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月09日

    私にはとても高尚すぎてすごいなぁという感想で,共感できるなんて言葉は恐れ多い本なのだけど,共感できるところがたくさんあった。本などから自分のものにする言葉を得るということは,続けていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

森内俊雄 のこれもおすすめ