梨の花咲く町で

梨の花咲く町で

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

半世紀近く連れ添った夫婦それぞれの、百歳と九十二歳の母が、相次いで逝った。徳島に生きた女二人を回想しつつ、夫婦の歳月を思う表題作「梨の花咲く町で」ほか、老境の夫婦の黄昏のように穏やかな日々を描きながら、人の抱える不可思議な深淵を垣間みせる「火星巡暦」など、一篇一篇に人生の長い時間を凝縮させた傑作短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
198ページ
電子版発売日
2012年05月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

梨の花咲く町で のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月12日

    「梨の花咲く町で」(森内俊雄)読み終わった。いやーまいった。すばらしく洗練された作品集である。うまく言えないが、なんかこう「シュッ」とした感じ。森内氏の作品を読むのはこれが初めてなんだな。ほかの作品を読んでみたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月25日

    森内先生の作品を初めて手にした。
    無駄なものをすべてそぎ落とした洗練された文章で,澄んだ水の中を漂っているような感覚に陥る。描かれている情景も,まるで写真でも見ているかのようで,素晴らしい作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月27日

    短篇集だが,どの作品にもにじみ出る教養と素晴らしい登場人物が見られる.何気ない日々の中に高尚な行事が次々と出てくるのは,これまでの種まきの成果でしょう.

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月25日

    この老作家は、いとも簡単に時を飛び越えて、40年いや50年前の過去の情景を語り出す。その語り口は、今現在のことがらと過去の出来事を自在に絡み合わせて、独特の味わいをもたらしてくれるのだ。

    熟練の作家が、少年の日々を語るとき、亡くなった人のことを語るとき、あるいは今世紀で火星が一番地球に近づいた年の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

森内俊雄 のこれもおすすめ