国枝彩香の一覧

「国枝彩香」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:国枝彩香(クニエダサイカ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:6月2日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:マンガ家

『箱庭』、『耳たぶの理由』、『低温ブランケット』などの作品を手がける。主にボーイズラブ系で活動。

作品一覧

2017/07/25更新

ユーザーレビュー

  • スピンアウト(下)

    切ない

    巽と三木、歪な関係だけど後半の幸せそうな二人に希望がありそうだったのでこの終わり方はツライ
    乱暴にされるのが好きと言ってるけど本気で嫌がっているようにも見えるし、結局三木が何を考えていて本心がどうだったのか何が嘘か本当か分からなかったからその辺をもう少し読みたかったけど、こういう作品はスッキリしな...続きを読む
  • スピンアウト(上)

    暴力あり

    苦手な人は注意ですね
    かなり好みが分かれると思います
    三木が何を考えているのか分からなくて怖い
    怖いもの見たさというか不気味なところがまた魅力的というか
    この作者さんが描くこういう人すごく好きです
    美しくて浮世離れしていて可愛さもありまさに魔性

  • いつか雨が降るように
    安心して読める?バッドエンド短編集。暗い話が多いんだけどそれが心地よく感じられる。表題の、記憶喪失の少年を拾う話とか、同時収録の姉の駆け落ち相手に復讐しようとする話とか、暗いのにどんでん返しで返しても暗いっていう…すげーな
  • 春に孵る
    ぎゃーーー!ホラーです。怖かったー恐ろしかったー。とくに彼岸花。衝撃シーンは1回、目を伏せて、で、もう一回戻って確認して「ヒーーー!」ってなった!他の作品も、オチが二転三転するので油断できない。全体的に、星新一を読んだ時のような後味の悪さがあるなぁ。いろいろ問題作が詰まった濃い~1冊
  • 夏時間
    短編集。シリアスとコメディの振り幅がすごい!シリアス系は胸が締め付けられて涙が出るような作品やほの暗いジメジメした作品も。コメディは、ギャグを盛り込むようなノリというより、予測不能な展開で振り回されっぱなし。最後の「眠る男」は切なかった

特集