「河上肇」おすすめ作品一覧

「河上肇」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
貧乏物語
0円(税込)
無料
枕上浮雲
0円(税込)
無料
閉戸閑詠
0円(税込)
無料
小国寡民
0円(税込)
無料
御萩と七種粥
0円(税込)
無料
閑人詩話
0円(税込)

作品一覧

2016/11/04更新

無料あり
御萩と七種粥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
閑人詩話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
小国寡民
  • ブラウザ試し読み

無料あり
随筆「断片」
  • ブラウザ試し読み

無料あり
枕上浮雲
  • ブラウザ試し読み

無料あり
貧乏物語
  • ブラウザ試し読み

貧乏物語
  • ブラウザ試し読み

無料あり
閉戸閑詠
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 貧乏物語
    現代と時代背景が異なるので少し想像しづらいが、これは物不足の時代における「貧乏物語」。大正以降の資本主義経済が生み出した社会的矛盾の原因と対策を述べる。

    限りある資源が富裕層の奢侈の為に費やされる。ゆえに貧困層に生活必需品が行き渡らない。そして貧困の追放のために資源は一般民衆の為に大量生産され、安...続きを読む
  • 貧乏物語
    「貧乏」問題を、経済学の知見や古今東西の典籍に基づいて検討するもの。富裕層の奢侈を廃止することが貧乏対策になると説いています。なにしろ大正5年の古典なので、その理論的妥当性は別途の検討に委ねるとして、早くもこの時代から格差問題に理論的に取り組もうとしていた点に感銘を受けました。
  • 現代語訳 貧乏物語
    人間社会が抱える諸問題、特に経済に起因する問題解決に対するアプローチの仕方、考え方、このことについて、いくら時を経ようと、先人の英知を検証し、「知の継承」ということは重要なことであると思う。
    佐藤優氏のそのような考え方の下、発刊されたのが。河上肇氏の書いた「貧乏物語」の現代語訳版である。
    経済学者と...続きを読む
  • 現代語訳 貧乏物語
    貧乏人とは
    1・他の誰かよりも貧乏な人
    2・生活保護などの公的扶助を受けている人
    3・身体を自然に発達させ維持するのに必要なものだけをギリギリまかなえる(貧乏線上にいる)もしくはそれすらも十分に得られない人(貧乏線以下の人)

    〜なぜ多数の人が貧乏しているか
    生活必需品の生産量が足りないから。
    ...続きを読む