「高畠文夫」おすすめ作品一覧

「高畠文夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 動物農場
    社会主義に対する風刺を動物の寓話になぞらえた作品。支配される側の動物たちが矛盾に気づき疑問を呈しながらも、支配する側に言いくるめられて有耶無耶になってしまうさまには、リアリティが感じられた。非常に面白かった。
  • 動物農場
    笑えて、考えさせられて、絶望的に楽しい。
    血のにじむような、パンクで愉快でダークで知的なドタバタ物語。

    「動物農場」ジョージ・オーウェルさん。



    アメリカ大統領に就任したトランプさんへの不安?の御蔭で、ジョージ・オーウェルさんの「1984年」が全世界的に売れているそうです。
    その「1984年...続きを読む
  • 動物農場
    とあるイギリスの牧場農園。牧場主に虐げられていた動物たちはついに反乱を起こし、農園を自分たちのものにした。そこは2本足の動物は認めない楽園。豚に犬、ロバ、馬、鶏、カラス、ハトなど4本足が平等に働き、平等に豊かになるはずだったのだが・・・。

    社会主義、平等主義が机上の空論だということがよくわかる。社...続きを読む
  • 動物農場
    名文、名訳です。全部に傍線を引きたい気持ちです。
    ライアル・ワトソンの『思考する豚』を読み始めたらこれが出てきたので、興味を惹かれて先に読みました。実際に豚はとても頭がいいそうです。羊は頭が弱くて「四本足はよい、二本足わるい」も「四本足はよい、二本足はもっとよい」でも響きだけで唱和してしまうのに。
    ...続きを読む
  • 動物農場
    私はロシア革命についてほとんど知らない。 だがこの動物農場からは1984年と同じく、共産主義を嫌悪する作者の考えがあからさまに表れている。
    理想を現実のものにするのは難しい。いくら素晴らしいシステムでも、それを運営する人々の心が清廉潔白でなければ機能しない。 ロシア革命についてろくに知らないからこ...続きを読む