高畠文夫の一覧

「高畠文夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 動物農場
    この作品の訳書はいくつかの出版社から刊行されているが、角川版を推したい理由は、巻末に開高健氏による短い評論『24金の率直―オーウェル瞥見―』が掲載されているから。(ほかに、ちくま文庫では開高健訳の動物農場がある)

    George Orwellの著作を読むにあたって、ぜひ参照してほしい。

    また、訳者...続きを読む
  • 動物農場
    本書では、ある農場の動物たちが人間からの解放を実現し、様々な障害に遭いながらもより良い生活のために奮闘する姿が描かれている。全体を通して悲壮感が漂っていたように感じた。また読んですぐ、物語はバッドエンドで、何かを風刺した作品になるだろうと想像できた。おそらく本書の淡々とした文体と物語運びがそう感じさ...続きを読む
  • 動物農場
    社会主義に対する風刺を動物の寓話になぞらえた作品。支配される側の動物たちが矛盾に気づき疑問を呈しながらも、支配する側に言いくるめられて有耶無耶になってしまうさまには、リアリティが感じられた。非常に面白かった。
  • 動物農場
    笑えて、考えさせられて、絶望的に楽しい。
    血のにじむような、パンクで愉快でダークで知的なドタバタ物語。

    「動物農場」ジョージ・オーウェルさん。



    アメリカ大統領に就任したトランプさんへの不安?の御蔭で、ジョージ・オーウェルさんの「1984年」が全世界的に売れているそうです。
    その「1984年...続きを読む
  • 動物農場
    とあるイギリスの牧場農園。牧場主に虐げられていた動物たちはついに反乱を起こし、農園を自分たちのものにした。そこは2本足の動物は認めない楽園。豚に犬、ロバ、馬、鶏、カラス、ハトなど4本足が平等に働き、平等に豊かになるはずだったのだが・・・。

    社会主義、平等主義が机上の空論だということがよくわかる。社...続きを読む