「石川啄木」おすすめ作品一覧

「石川啄木」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
雲は天才である
0円(税込)
無料
葉書
0円(税込)
無料
無題
0円(税込)
無料
病院の窓
0円(税込)
無料
漂泊
0円(税込)

作品一覧

2017/07/14更新

無料あり
一握の砂
  • ブラウザ試し読み

無料あり
足跡
  • ブラウザ試し読み

無料あり
足跡
  • ブラウザ試し読み

無料あり
郁雨に与ふ
  • ブラウザ試し読み

一握の砂・悲しき玩具
  • ブラウザ試し読み

無料あり
歌のいろ/\
  • ブラウザ試し読み

無料あり
悲しき思出
  • ブラウザ試し読み

無料あり
悲しき玩具
  • ブラウザ試し読み

無料あり
硝子窓
  • ブラウザ試し読み

無料あり
菊池君
  • ブラウザ試し読み

無料あり
菊池君
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雲は天才である
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雲は天才である
  • ブラウザ試し読み

無料あり
刑余の叔父
  • ブラウザ試し読み

無料あり
氷屋の旗
  • ブラウザ試し読み

無料あり
心の姿の研究
  • ブラウザ試し読み

無料あり
札幌
  • ブラウザ試し読み

無料あり
札幌
  • ブラウザ試し読み

無料あり
詩
  • ブラウザ試し読み

無料あり
渋民村より
  • ブラウザ試し読み

無料あり
時代閉塞の現状
  • ブラウザ試し読み

無料あり
女郎買の歌
  • ブラウザ試し読み

無料あり
赤痢
  • ブラウザ試し読み

無料あり
赤痢
  • ブラウザ試し読み

無料あり
雪中行
  • ブラウザ試し読み

無料あり
葬列
  • ブラウザ試し読み

無料あり
葬列
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    【本の内容】
    啄木の処女歌集であり「我を愛する歌」で始まる『一握の砂』は、甘い抒情にのった自己哀惜の歌を多く含み、第二歌集の『悲しき玩具』は、切迫した生活感情を、虚無的な暗さを伴って吐露したものを多く含む。

    貧困と孤独にあえぎながらも、文学への情熱を失わず、歌壇に新風を吹きこんだ啄木の代表作を、彼...続きを読む
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    啄木の感性の鋭さや視点の細やかさなどを知ることができます。
    また、自己の心情をそのまま言い表したような短歌も何首もあり、見ていて飽きません。
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    NHKのテレビ番組のJブンガクを見ています。
    2010年の8月に一握の砂を紹介していたので読み直しました。

    石をもて追はるるごとく
    ふるさとを出でしかなしみ
    消えゆる時なし

    という詩を

    the grief of leaving hometown as if chased by men with...続きを読む
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    ヤバイ、まず冒頭の献辞がヤバイ。今まで読んだどの献辞よりも心打たれる。

    『-また一本をとりて亡児真一に手向く。この集の稿本を書肆の手に渡したるは汝の生まれたる朝なりき。この集の稿料は汝の薬餌となりたり。而してこの集の見本刷を予の閲したるは汝の火葬の夜なりき。』

    貧困と死別によって着想を得た短歌は...続きを読む
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    啄木は5・8・5を好む、今でいう早口ラップ的な。もっと文字の多いやつも結構ある。しかし、書く内容は風景情緒やワビサビなどではなく、日記のようなリアルの日常。おそらくこの攻撃的なリズムで日常を打破したかったのであろう。現実への怒りが滲む、生の言葉たち。