石川啄木の一覧

「石川啄木」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

葉書
無料
0円(税込)
無題
無料
0円(税込)
病院の窓
無料
0円(税込)
漂泊
無料
0円(税込)
悲しき思出
無料
0円(税込)

作品一覧

2021/04/23更新

雲は天才である
無料あり
刑余の叔父
無料あり
氷屋の旗
無料あり
心の姿の研究
無料あり
札幌
無料あり
札幌
無料あり
赤痢
無料あり
雪中行
無料あり
葬列
無料あり
葬列
無料あり
大硯君足下
無料あり
葉書
無料あり
葉書
無料あり
初めて見たる小樽
無料あり
漂泊
無料あり
漂泊
無料あり
病院の窓
無料あり
病院の窓
無料あり
天鵞絨
無料あり
天鵞絨
無料あり
二筋の血
無料あり
二筋の血
無料あり
道
無料あり
無題
無料あり
弓町より
無料あり
呼子と口笛
無料あり
我が最近の興味
無料あり
我等の一団と彼
無料あり

ユーザーレビュー

  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    石川啄木が好きです。
    自分への圧倒的な自信、時折垣間見せる傲慢さ、このままでは生きたい道では生きていけない弱さ、人間としての甘さ、それでも圧倒的な魅力。

    すべてが含まれている彼の作品が好きです。

    『一握の砂』
    『悲しき玩具』

    両方を読み比べることで、彼のことを好きになる人もいれば、彼のことを嫌...続きを読む
  • ちくま日本文学全集石川啄木
    ちくま日本文学全集030

    石川啄木は1886年(明治19年)に生まれ、1912年(明治45年)に病死。
    わずか26歳の命である。

    19歳で結婚。
    20歳で長女誕生。

    養うべき父母と妻子を抱え、文学で身を立てようと志しながら、貧窮のうちに結核で死亡。

    というと、なにやら苦しい作品を思い浮かべる...続きを読む
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    【本の内容】
    啄木の処女歌集であり「我を愛する歌」で始まる『一握の砂』は、甘い抒情にのった自己哀惜の歌を多く含み、第二歌集の『悲しき玩具』は、切迫した生活感情を、虚無的な暗さを伴って吐露したものを多く含む。

    貧困と孤独にあえぎながらも、文学への情熱を失わず、歌壇に新風を吹きこんだ啄木の代表作を、彼...続きを読む
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    啄木の感性の鋭さや視点の細やかさなどを知ることができます。
    また、自己の心情をそのまま言い表したような短歌も何首もあり、見ていて飽きません。
  • 一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集―
    えもいわれぬ寂寥感。
    あたかも溜め息の代わりに歌を詠んでいるかのよう。本書と万葉集をかじってからというものたまに拙い短歌を詠むようになってしまった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!