「横光利一」おすすめ作品一覧

「横光利一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
盲腸
0円(税込)
無料
碑文
0円(税込)
無料
犯罪
0円(税込)
無料
冬の女
0円(税込)
無料
鳥
0円(税込)

作品一覧

2016/11/25更新

無料あり
赤い着物
  • ブラウザ試し読み

無料あり
頭ならびに腹
  • ブラウザ試し読み

無料あり
一条の詭弁
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鵜飼
  • ブラウザ試し読み

無料あり
御身
  • ブラウザ試し読み

無料あり
機械
  • ブラウザ試し読み

無料あり
汚ない家
  • ブラウザ試し読み

無料あり
作家の生活
  • ブラウザ試し読み

無料あり
詩集『花電車』序
  • ブラウザ試し読み

無料あり
静かなる羅列
  • ブラウザ試し読み

無料あり
新感覚派とコンミニズム文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
時間
  • ブラウザ試し読み

無料あり
純粋小説論
  • ブラウザ試し読み

無料あり
神馬
  • ブラウザ試し読み

無料あり
鳥
  • ブラウザ試し読み

無料あり
七階の運動
  • ブラウザ試し読み

無料あり
日輪
  • ブラウザ試し読み

無料あり
蠅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
花園の思想
  • ブラウザ試し読み

無料あり
榛名
  • ブラウザ試し読み

無料あり
犯罪
  • ブラウザ試し読み

無料あり
火
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 上海
    暗く淀んだ路地裏、花売りの声、豚の油の浮いた下水の匂い。刻一刻と変化していくアジアの情勢。上海の息づかいと歴史の息づかいが見事に調和している。
  • 上海
    1920年代の上海。欧州列強に加えてアメリカが中国でのビジネス拡大を狙い、日本もまたそれに対抗する。そしてまた、革命を逃れたロシア貴族が滞留。現地の中国人の多くは、国内外の資本の下で厳しい労働条件に苦しみ、共産党が勢力を伸ばす。その共産党が外国資本に打撃を与えるべく罷業を計画すれば、それを中国の資本...続きを読む
  • 夜の靴 微笑
    微笑だけ読む。扇風機の中心から目を外した一瞬だけ見ることができる半歩先の世界。世の中は戦争が終わっても相変わらず排中律で、誰もが狂っているような中で、その世界を信じるだけで心が少し軽くなるような、願いに満ちた小品。素晴らしかった
  • 旅愁(上)
    まだ簡単に海外にいける時代じゃなかったときの留学生の話。自由に海外にいける今、昔の大学生くらいの熱意を持っていたいよね!スイスのシーンがすてき!
  • 犯罪

    やっぱり似ている

    この人はどうも似ている。つげ義春に。最初に読んだ『機械』にしてからがそうだった。狭苦しい工場の中での、貧乏くさい抗争。それは実際に工場で働いている私にも共感できる程度に、よく描写されていた。そして価値観の不毛を感じさせる作風。つげ義春の同類と言うに十分ではないか。
    そう思っていたら、今度は鳥である。...続きを読む