佐田三季の一覧

「佐田三季」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/11更新

ユーザーレビュー

  • あの日、校舎の階段で 新装版
    今まで数々の執着攻めの小説や漫画に手を出してきましたが…この攻めの執着はほんとうに気持ち悪くて薄らこわい。こんなに好感を持てない攻めは初めてです…!でもこの気持ち悪さが癖になります

    主人公と攻めは高校時代の友人。ある時主人公がゲイに告白され、それを目撃した攻めはそいつがゲイだと言いふらします。自分...続きを読む
  • 彼は死者の声を聞く

    身もだえするほど

    「身もだえるほど切ない」みたいな言い回しはあっても本当に身もだえたことはありませんでしたが、この本を読んで初めてリアルに身もだえのたうちました。

    内容は重たいし、単純な恋愛物語に終始しません。ライトでハッピーな恋愛ものをお探しの時は回れ右すべき本と言えます。

    攻めと受けの間には孤独や才能...続きを読む
  • 彼は死者の声を聞く
    嫉妬、世間体、差別意識や劣等感…。
    人間の持つ負の感情が描かれていて、自分に照らし合わせてもいろいろ考えさせられる作品です。
    斎木の母親のようにはなりたくなくて、できれば志奈子のようにおおらかで強くありたいと思うけど、ふとした瞬間に負の感情に負けてしまうのもまた人間なんだろうな、とも思う
    これ確かに...続きを読む
  • クライ、くらい夜の終わりに
    じーんわりいいお話だった。記憶がないところは気になったし、寺岡の世話焼き具合もだし、須田の葛藤具合も良かった!最後はウルっとしたなぁ。
  • つみびとの花
    ドン底の不幸にいる人を つみびとの花にしてしまわないためにはどうしたらいいのだろうか。

    息をするのも苦しくなるような悲しみが 作者の素晴らしい表現力で伝わってきて何度も何度も苦しくなります。剥き出しになった傷付いた魂が身体を合わせる描写も圧巻です。
    二人がこれから幸せでありますようにと願わず...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!