「望公太」おすすめ作品一覧

【望公太】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:望公太(ノゾミコウタ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『僕はやっぱり気付かない』が第5回HJ文庫大賞の金賞を受賞。作品に『異能バトルは日常系のなかで』、『黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル>』、『うちのクラスの頼りないラスボス』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/20更新

ユーザーレビュー

  • 異能バトルは日常系のなかで(2)
    ああ面白いなあ。1巻より心が削られる場面が少ない分、よりしっかりした演出と安藤のいい奴っぷりが楽しめる。見開き「わかんない」はいいツッコミなのと別に溜め込んだものを思いきり吐き出すいいシーンだった。
  • 異能バトルは日常系のなかで7
    プール回ktkr!!!

    各ヒロインの気持ちと信条が見える楽しい巻でした!

    重要なイベントもおきましたね
    ・彩弓と相模の決別
    ・灯代と寿来の出会いについての暴露
    ・灯代と鳩子の仲直り・仲間(ライバル)関係化

    灯代かわいいんじゃ~^^
  • 異能バトルは日常系のなかで5
    桐生一とその仲間たちが異能バトルを繰り広げるお話。
    『日常系は異能バトルのために』をまとめた一冊らしい。

    まぁ、個人的には一十三という乙女を描いた物語だったけどww
    一十三恋する乙女すぎて、ほんとにかわいかったなー
  • 異能バトルは日常系のなかで4
    ラブコメとして動き始めたぞおおおお
    ・千冬が恋心を抱き、
    ・鳩子は灯代に好きな人を打ち明け、
    ・灯代は鳩子に自分の気持ちをどのように表現するのか。恋心だと気付きつつも、きちんと認識していない様子の彼女の行動は・・
    ・彩弓はベタ惚れしてることを相模に指摘され、相模の手をとるのか。

    5人の行動と人間関...続きを読む
  • 異能バトルは日常系のなかで
    『キルラキル』のTRIGGERでアニメ化、ということで読んでみた。ありがちなパロディ系ラノベかと思えば、結構違って…楽しかったです。アニメも期待。

特集