望公太の一覧

「望公太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:望公太(ノゾミコウタ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

『僕はやっぱり気付かない』が第5回HJ文庫大賞の金賞を受賞。作品に『異能バトルは日常系のなかで』、『黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル>』、『うちのクラスの頼りないラスボス』などがある。

無料作品コーナー

作品一覧

2019/12/12更新

ユーザーレビュー

  • ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? 1巻【期間限定 試し読み増量版】

    よくある

    年齢を秘密にした女性と、高校生の男性の恋愛ストーリーです。設定としてはよくあるストーリーですが、絵がうまいのでリズムよく読めます。よくあるけどマンガとして楽しめます。
  • ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? 1巻
  • ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?2 ~たまらなく愛おしく、とにかく尊い~

    最高でした

    最近のラノベは出オチばかりで途中で欠伸が出るものが多かったが、この作品は、ページを繰る手が止まらなかった。イベントの作り方がとても上手くて、どのシーンを読んでも面白かった。
    いちゃラブ好きにはたまらない、満足感を得られる作品でした。
  • ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? ~好きになったJKは27でした~

    文句なしに面白かった!けど…

    誤字が目立った。特に大事な場面で誤字るのは本当にやめて欲しい。
    紙媒体はともかく電子書籍でも直せないんですかね。そこが残念でした。
    内容はとても良かったです。告白シーン、最高でした。
  • されど罪人は竜と踊る オルケストラ
    され竜初の公式アンソロジー。
    今をときめく幼女戦記やリゼロの作者、古株のベテラン作家まで、古今東西からされ竜を愛する執筆陣が集結してます。
    まず読んで驚いたのはされ竜シリーズへの理解。
    特にカルロ・ゼンや長月達平、望公太など、暗黒ライトノベルと喧伝されたされ竜にインスパイアされた世代、若い頃からされ...続きを読む