異能バトルは日常系のなかで

異能バトルは日常系のなかで

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

俺を含めた文芸部の五人は半年前、とてつもない能力に目覚めた。そして壮大なる学園異能バトルの世界へ足を踏み入れ――なかった!? 「なんも起きねえのかよ!」 異能に覚醒してみたものの、日常は完全無欠に平和だ。世界を滅ぼす秘密機関などない! 異能戦争もない! 勇者も魔王もいやしないっ! だから俺たちはこの超級異能を、「黒炎の龍にヒゲ生やせたーっ!!」 気軽に無駄遣いすることに決めた。 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2012年10月12日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
5MB

異能バトルは日常系のなかで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年03月23日

    『キルラキル』のTRIGGERでアニメ化、ということで読んでみた。ありがちなパロディ系ラノベかと思えば、結構違って…楽しかったです。アニメも期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月14日

    異能に目覚めた高校生たちが世界の敵や危機と……出会わないライトノベル。つまり、異能に目覚めた文学部員たちが部室で放課後ティータイム。なぜ異能に目覚めたし。とても面白かった!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月01日

    すっかりラノベ界の主流になった「異能」をメタ的に扱い、茶化し、日常系に組み込んだ作品。「お約束」をメタ化した涼宮ハルヒを彷彿とさせる。キャラ付けは突飛ではないが、サブカルや他作への言及や絡ませ方、そして文章のリズムも中々良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月17日

    実にタイトル通り、才能の無駄使いな日常系だった。何度も笑ったよ。
    「来月の生活費お願いします」のクズっぷりには噴いた。
    それでいながら、異能を持ってしまった者のシリアスな面を書いているのもよかった。

    それだけに、次巻以降バトル物になってしまうのかどうかが不安。
    バトルしてもいいけど、基本笑える日常...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月26日

    -非日常の力があるゆえに日常を愛する戦士たち-(←この横線がそれっぽい)
    というライトノベルであることに自覚的な
    ライトノベルらしい日常部活もの
    能力の影響へシリアスに悩むところは面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

    いやー、いい感じに厨二病をこじらせてましたねー。でもちょいちょいイイ台詞挟んでくるんだよなぁ。個人的には好きなノリ。MF一乃さんに近いかな。日常系は好きなんで下手にバトル展開に持っていくより、タイトル通りこの雰囲気のままでいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いつまでもダラダラ

    poiuy 2014年10月14日

    最後にちょっとだけ話が進むが、ひたすら退屈。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    前8割は日常系。
    後2割は異能バトル(?)。

    5人以外の異能者達が影で動いているのが垣間見ることができた。今後に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

異能バトルは日常系のなかで のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 異能バトルは日常系のなかで
    俺を含めた文芸部の五人は半年前、とてつもない能力に目覚めた。そして壮大なる学園異能バトルの世界へ足を踏み入れ――なかった!? 「なんも起きねえのかよ!」 異能に覚醒してみたものの、日常は完全無欠に平和だ。世界を滅ぼす秘密機関などない! 異能戦争もない! 勇者も魔王もいやしないっ! だから俺たちはこの超級異能を、「黒炎の龍にヒゲ生やせたーっ!!」 気軽に無駄遣いすることに決めた...
  • 異能バトルは日常系のなかで2
    「お前が好きだ! 付き合おう!」 ある日突然、俺にド直球な愛の告白をしてきた生徒会長の工藤さん。この前やったあの残念異能バトルで、俺にガチで惚れちゃったって!? それ以来、なぜか文芸部員みんなが俺にすごーく冷たい。「イチャイチャしてんじゃないわよ」 「ジューくんをシカト中でーす」 「安藤くんは死ぬべきですね」 「うたるっぞぬしゃあ!」(これ誰!?) そんな中、幼馴染みの様子が...
  • 異能バトルは日常系のなかで3
    「すげえ、コスプレし放題じゃん!!」 本物の異能に覚醒めた俺ら文芸部は、最高にハイな放課後を満喫中! なんでも作れる千冬ちゃんの力で武装闘衣<コンバットフォーム>を纏い、聖戦に備えるのだ。「てぇーい、ふぁいやーぼーる」 遂に解禁、異能全開テニス対決!? 「このギターは、千冬がもらう」 ギター片手に気分は軽音楽部!? さらに俺と元・厨二な灯代が喫茶店で私服デート!? 「あ、安...
  • 異能バトルは日常系のなかで4
    「三角巾で顔隠すのかっけー!!」 本物の異能を持つ俺らは、部室の掃除だって神級能力の無駄遣い! 「自作RPGのテストをして下さい」 女子四人がゲームで俺に挑戦!? 「そういえばジューくん、前に彩弓さんと戦ったじゃん」 「懐かしいわね。二人のマジ喧嘩」 それは去年の秋。俺と彩弓さんがガチでぶつかった、正真正銘、初めての異能バトル。文芸部『空白の半年間』の真相がいま明らかに!! そ...
  • 異能バトルは日常系のなかで5
    「かかっ。とうとう俺の出番か」 これは外側の物語。異能に目覚めた安藤たち文芸部員が今日もそれぞれの日常を謳歌している一方、本物の異能バトルの中に身を置く者たちがいた。 「――天上の地獄に叩き堕とす(ルシファーズストライク)」 『始まりの堕天使』――桐生一。灯代の兄であり誰よりも異能バトルを愛する彼は、まるで従順ではない配下を従え、ただ『最強』として生まれた者――システムへと挑む。「...
  • 異能バトルは日常系のなかで6
    「その日、俺は厨二病を卒業した」 高梨彩弓の突然の問いかけを発端として、秘められた安藤寿来の中二時代がついに紐解かれる。三年前、中二だけど厨二じゃなかった安藤には同学年の友がいた。幼馴染みの少女、櫛川鳩子。性癖が破綻した少年、相模静夢。そんな彼を愛した少女、双葉環。心を許せる友と過ごした掛けがえのない時代に――少年は、生まれて初めて『絶望』を味わった。 「これは俺が、ギルディ...
  • 異能バトルは日常系のなかで7
    猛暑が続く夏休み。太陽と水着の季節の中で――どういうわけか安藤は、やたらと『水着回』を経験する。「まさか文芸部メンバー全員から、別々にプールに誘われるとは……」 千冬&九鬼と水着でクイズ大会!! 「アンドー、超かっけぇ……」 家族ぐるみの海水浴で鳩子がまさかの大胆モテかわアピール!? 「ジューくん、私、隙だらけだよ?」 彩弓さんのビキニは水濡れ厳禁? 「う、ぅ……見ないでください……もうお嫁...
  • 異能バトルは日常系のなかで8
    「最近、全然異能使ってなくね!?」 時は学園祭! 異能も使わず暇を持て余した文芸部に、生徒会の工藤さんがとある相談を持ちかける。 「では、私たちは演劇を行います」 そして俺たちは果敢にもシェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」を演ることに。当然ロミオは俺として、ジュリエット役にはまさかの立候補者が!? しかも―― 「アンドー、誰とちゅーしたい?」 って、もはや趣旨変わってね!? ...
  • 異能バトルは日常系のなかで9
    戸木柊吾と芥川柳。荒々しいヤンキーと陰鬱なヒッキー。そんな二人に持ちかけられた、最悪の取引。――桐生一を殺せ。 「お断りだ、ボケ」 一人は『NO』を突きつけ。 「……いいですよ」 一人は『YES』と引き受けた。しかしその選択は、彼らを破滅へと導くこととなる。一方、ふらりと出かけた桐生一を追った、一十三が見たものとは―― 今語られる、最も新しい異聞録!! 日常の裏側で密かに加速する、桐生一...
  • 異能バトルは日常系のなかで10
    「つぎの部長が決まり次第――私は、安藤くんに告白します」 生徒会を引退した工藤が文芸部にやってきて楽しく遊ぶなか、高梨彩弓は一人決意を固めていた。しかし次期部長が決定した日の翌日、文芸部を取り巻く世界に信じられない異変が起こる。 「一緒に学校行こうっ、ダーリン♪」「ききっ。久しいな、ギルディア」「ジューくんジューくんジューくん」「アンドー、宿題、見せて」 唐突すぎるキャラ改変。...
  • 異能バトルは日常系のなかで11
    シリーズ累計50万部突破! TRIGGER制作のTVアニメ化も果した中二病の黒きバイブル!! 一年前、俺達はとてつもない異能に目覚めた。 そして壮大なる異能バトルの世界に足を踏み入れ――た。 「なあ始めっぺよ、異能バトルを?」 相模の元カノ、そしてかつて俺が救えなかった少女・環。 あいつは今、明確なる敵意をもって俺の前に立ちはだかった。 二人だけの閉ざされた街を走りながら俺は、封じ...
  • 異能バトルは日常系のなかで12
    日常と異能が遂に邂逅を果たし、物語は最終局面へ―― 向かうその前に、語られざる最後にして最期の物語を紐解く時がきた! 精霊戦争終結のために生み出された≪絶え間なく改定される十戒≫田中運命子は、 何のために死に、何のために生きたのか?
  • 異能バトルは日常系のなかで13
    「さあ、始まりの終わりを始めよう」 日常と異能が交わり、物語は引き返せない『最終巻』へと突入する。 結局どれだけ言葉を取り繕うとも、この物語は虚構だった。全ては誰かが書いた欺瞞の積み重ねでしかなく、砂上に描かれた絵のように儚く消えゆくだけ一夜の夢でしかなかった。 俺もみんなも、所詮は創作されたキャラクターに過ぎないのだろう。 宙ぶらりんのまま忘れ去られようとしていた物語は、思...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

異能バトルは日常系のなかで に関連する特集・キャンペーン