海野凪子の一覧

「海野凪子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:海野凪子(ウミノナギコ)
  • 性別:女性
  • 職業:マンガ家

『日本人の知らない日本語』、『日本人なら知っておきたい日本文学』などの作品で原案を手がける。『日本人の知らない日本語』はテレビドラマ化されている。

作品一覧

2018/01/19更新

ユーザーレビュー

  • 日本人の知らない日本語 3 祝!卒業編
    2巻に続いて面白さ満点。卒業編ということでラストは寂しさもあり、応援したい気持ちもあり。章末の「外国人が日本で初めて見たもの」には今回も興味津々。なるほどね~と思ったり。このシリーズ、もっと読みたくて、ずっと続いてほしいけれど、次巻で関係なのかな。次行ってみよう。
  • 日本人の知らない日本語 なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ
    本のタイトルはなんとなく知っていて昔流行ったのかもしれない。たしかにこれは面白い。日本語を学んでいる外国人からの、思いもよらないような質問やニンマリさせられるような日本語の使い方が、真面目であるがゆえに面白い。日本人でも答えられないような質問に海野さんはしっかり対応していると思う。日本語教師って大変...続きを読む
  • 日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
    紫式部はあほの子のフリをしていたとか、清少納言の推しは『宇津保物語』のキャラ仲忠くんだとか、源頼光は平安モンスター・ハンターだとか…

    古語を見ちゃうとわけわかんなくて敬遠しがちな古典文学も、作者の人物像ひっくるめて知ると親しみが湧きます!

    漫画家さんが普段はどんな人でどんな生活し...続きを読む
  • 日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
    『日本人の知らない日本語』のスピンオフ。枕草子、源氏物語、更級日記などのエッセンスと作者のエピソードに触れられた。原典にも手を伸ばしてみたくなった。
  • 日本人の知らない日本語 3 祝!卒業編
    3になっても爆笑パワーは落ちない。どうも日本編はこれで終わりのようなので(4は外国編)、とても残念だ。
    日本語の話題だけでなく、それぞれの国でのいろんなことの違いなどの話も出てきて面白い。たとえばクリスマスのことだと、イギリスでは、サンタクロースとは言わずファーザークリスマスと言い、服が緑だそうだ。...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!