井原裕の一覧

「井原裕」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/30更新

ユーザーレビュー

  • うつの常識、じつは非常識
    後天的な精神疾患(うつ病や不安障害等)を疑って精神科へ足を運ぶ前に、是非とも読んでいただきたい一冊である。

    普通の精神科医は向精神薬を飲むことによるリスクをまず説明しない。ゆえに、患者が事前に精神疾患や薬の知識を身につけ、本当に病院へ掛かるかどうかまで自分で決定し、掛かる場合には、必要に応じて自衛...続きを読む
  • 「子どもの発達障害」に薬はいらない
    この本を読む前から、著者と同じ気持ちでいたので、その気持ちが確証になった。子供の生きる力や伸びる力を信じ、悲観せずに生きていける、元気の出る本でした。
    早速、読んで欲しい友人に伝えて共有したい。
    発達障がいと診断されたお子様を育てておられる保護者は必読です?
  • うつの8割に薬は無意味
    双極性障害について何冊かの本を読んできて、これはと思うものは少なかった。双極性障害のなんたるか(Ⅰ型とⅡ型があることなどなど…)、あらましを解説するものばかりで、さて本人としてはどう生活していくべきなのか、この大事な点まで踏み込んだものはそうなかったのだ。本書の著者は現医師であるにもかかわらず、治療...続きを読む
  • うつの常識、じつは非常識
    井原先生の著書のなかで、これが一番、読者の求める内容が無駄なくまとめられていると思う。何冊も読むより、これ一冊を繰り返し読むほうがよい。

    特に激励禁忌神話についてはP184後半の8行に凝縮されている。

    ネットに溢れる一般論からは決して得られないものが詰まっている。支える側として読んでおきたい一冊...続きを読む
  • うつの8割に薬は無意味
    抗うつ薬のNNTは5、つまり薬を投与して意味があるのは5人に1人。薬物治療とはそういうことかと、まさに目から鱗。いつか自分や家族が病を得たときに、それを受け止めるための新しい心構えをもらった気がした。今のうつや双極性障害の"患者"が時代の要請で作り出されたものだということもよくわかった。もちらん、彼...続きを読む