片山洋一の一覧

「片山洋一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/08更新

ユーザーレビュー

  • 大坂誕生
    面白くて一日で一気に読んだ。

    家康の外孫松平忠明が、家康の命令で大坂の陣で荒れ果てていた大坂の町を復興させるお話。
    大阪在住の私にとって、道頓堀や心斎橋の名前の由来が
    人の名前だったり、大坂城の三の丸を取り壊した後にできた
    地名が「内○○町」という地名になったことを知り、驚きました。
  • 島津の陣風 義久の深謀、義弘の胆力
    2018.3.30完了
    義久はこうでないと。という強情さ。
    やはり島津は異端でないと。
    初めて読んだ作者だが、他にも手を出してみようかな。
  • 島津の陣風 義久の深謀、義弘の胆力

    そこそこ

    読みがいありました。
    義久の得体知れない恐ろしさ、家を守ることの難しさそのまま維新まで突っ走ってしまうのがわかる様な気がする作品でした。
  • 島津の陣風 義久の深謀、義弘の胆力
    ドラマせごどんで人気沸騰中の薩摩。
    関ヶ原の戦いで、西軍につきながらも見事に薩摩まで逃げ帰った関ヶ原の退き口から、家康によって本領安堵されるまでを詳細に、かつ活き活きと描き切った面白さ。
    せごどんを観て島津家に興味を持ったなら、今読んだらきっと面白い一冊になります。
  • 島津の陣風 義久の深謀、義弘の胆力
    関ヶ原での「島津の退き口」から、島津家が本領安堵を勝ち取るまでの権謀術数を描く。冒頭の関ヶ原のシーンは、臨場感に溢れる、いかにも薩摩隼人な戦いぶりで、退き口のハラハラドキドキが楽しめる。その後は、虚々実々入り混じった、歴史の教科書にはのっていない水面下の駆け引きが島津義久、徳川の本多正信、黒田如水な...続きを読む