伏木亨の一覧

「伏木亨」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/01/13更新

ユーザーレビュー

  • コクと旨味の秘密
    食や、おいしさを構成するさまざまな要素の中から、‘コク’に目を向け、科学的知見を中心に詳しく解説した内容。その‘コク’という観点でいうと、長く親しまれている食事にも合点がいき、とくに日本の伝統的な調味法は優れたものであり後世に継承すべきものだとしている。欧米式の‘油によるコク’も含め前向きな見解を中...続きを読む
  • コクと旨味の秘密
    おいしい、という感覚を科学的に解説していくのだけれど、最終的に東山文化的な見方にまで到達するのが面白い。
    コク(おいしさ)には三層あり、第一層が糖、油、出汁という本能が求める味覚。
    第二層は食感、香り、風味という学習•連想を要する味覚。
    第三層は精神性の世界、抽象的な味覚だと言う。
    そして味覚の修練...続きを読む
  • コクと旨味の秘密
    久々の「ネタ本」シリーズ。日本人が美味しさの表現方法の1つとして使う「コク」というものが何なのか?を様々な観点から考察した本。正直いってバカげているが、その突き抜け感が最高に良い。

    日本人にとって「コクがある」という表現はあまりにも乱用されすぎている。食品の美味しさを表現する時に、濃いめの味付けが...続きを読む
  • コクと旨味の秘密
    日経新聞での連載で興味を持ちました。

    コクや甘味はエネルギーとして認識するから
    美味しいと感じるし止められなくなるのだと納得しました。
    効率の良いエネルギーを摂取するための本能なんだなと。

    読みやすい文章で、味覚や脳について知ることが出来ます。
    最後の章の近未来のコクは面白い発想でした。
  • コクと旨味の秘密
    「コク」という、分かるようで分からないもの、好きだけど正体不明のものを、科学的に分析してみよう、という一冊。

    *ネズミも人間もコクのある食事は共通して食べ過ぎてしまうようです。人間の食事はおいしすぎるのかも知れません。

    *私たちがコクと感じているものは、エネルギーが確かめられているものと言えます...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!