「小松健一」おすすめ作品一覧

「小松健一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 文学の風景をゆく
    小林健一氏の「文学の風景をゆく」(2003.6)、再読です。写真家の視点でみた今日的な日本文学風土記だとのことです。北、東、西、南に分けて整理されています。北の風景では石川啄木(1886~1912)、彼が学んだ盛岡中学校、米内光正、金田一京助、野村胡堂、宮沢賢治・・・、錚々たる面々ですね。また、不来...続きを読む
  • 古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」 から見える東京21世紀
    長谷川平蔵(火付盗賊改方長官:1746~1795)は警視庁1課長?!。小松健一 著「鬼平犯科帳から見える東京21世紀」、2017.12発行。小説の世界、史実の江戸、21世紀東京、フィクションとノンフィクションの狭間を散歩してきました(^-^) 楽しかったです!
  • 文学の風景をゆく
    明治以降の文豪たちが辿った足跡を訪ねる紀行文。著者はフリーのフォトジャーナリストで文中に関連した写真を添える。
    石川啄木が少年時代を過ごした盛岡城(別名不来方こずかた城)の二の丸には、金田一京助の揮毫による歌碑が建っている。
    「不来方のお城の草に寝ころびて/空に吸れし/十五の心」
    啄木生誕七十周年を...続きを読む