「小林町子」おすすめ作品一覧

「小林町子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/15更新

ユーザーレビュー

  • めざめ
    すっごくキュンキュンしてしまったー!
    お義兄さん、ちょっと強引なところが萌えだわv
    シャワーのシーンとかどきどきしてしまった。
    ヒロインの心の移ろいが自然に描込まれていて、優秀なロマンス作品でした。ハーレクイン系は途中で読むのがつらくなってしまう(退屈すぎて)のだけど、この本ばっかりは、次の展開が気...続きを読む
  • 八年の空白

    ©︎1986年

    8年越しの愛。ちょっと長い。
    ヒロイン27才
    ヒーロー多分37才?
    ヒーローもヒロイン旦那が死亡したのを数年間知らないなんて、借金の清算して直ぐにわかる筈。
    作者は何故8年なんて長過ぎる期間を考えたのか。
    ヒロイン、ヒーローの屈折度合いが中々良い。故人以外に悪者がいないのも良い。ヒーローが何故初めヒ...続きを読む
  • 悪夢の終わる日

    ©︎1984年

    奥手の秘書23歳
    不動産会社社長30代前半。
    独占欲満開のヒーローとヒーローを好きなのに認めない意地っ張りのヒロイン。
    押せ押せかと思いきや、ツンデレでチョット意地悪なヒーロー。ヒーローの気持ちをことごとく誤解するヒロイン。
    なかなか面白かった。
  • 裁きの日

    ©︎1988年

    弁護士ヒーローと元被告のヒロイン。
    法廷で知り合った二人。
    ヒーローが一目惚れと言うが、最後バタバタで終わった。ヒロインの伯父伯母がヒロインの相続財産をネコババな雰囲気は何も解決せず、どうせならヒーローに大岡越前よろしく裁いて欲しかった。
  • 他人同士

    ©1987

    オランダ人医師とイギリス人看護師
    読んでいてじれったい!ポーカーフェイスにも程がある。
    ベティの話で仮面夫婦は珍しいかも。
    しかし、結婚してからも違う女の元に行く旦那は許せないし、行く意味が理解出来ない。途中眠くなりましたが、後半は面白かったです。