「吉田聡」おすすめ作品一覧

「吉田聡」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:吉田聡(ヨシダサトシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年12月08日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

東京デザイナー学院商業美術課卒。『天上界STORY』でデビュー。作品に『湘南爆走族』、『ちょっとヨロシク!』、『荒くれKNIGHT』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/12更新

ユーザーレビュー

  • 七月の骨(6)
    漫画で、悲しいストーリーでなく泣いたのは初めてかもしれないです。
    知り合いの数名が凄く面白いと言っていたので読んでみたのですが、
    全て読み終えた後、「もっと自分も頑張らなくちゃ」という気持ちで震えました。
    今まで、ほんの少しでも「何かのプロフェッショナル」になりたいと夢見た方に、是非読んで頂きたい作...続きを読む
  • 七月の骨(6)
     吉田聡先生自伝的漫画完結。何度も過去に置いていった自分を振り返りながら進んだ男の物語でした。

     しがみついてでも歩くしか無い。止まっていた人生を動かすために時田聡はそれこそ死ぬ気で前に歩き続けました。枠線から始まり、プロフェッショナル、持ち込み、廃刊。それぞれ時田が止まってしまうかもしれない事柄...続きを読む
  • 七月の骨(5)
     自分が進んでいるかも、戻っているかも、どこを向いてるかもわからず闇雲に歩く。時田聡の悩む姿と自分を重ねるとひどく泣きたくなる。
     今巻の第22話「涙のラブレター」はタイトル通り時田聡の苦悩の時間を容赦なく読者に叩きつけている。マンガ家としての自己と孤独の闘い。こんなにも思い、どんなに自分を切り刻ん...続きを読む
  • 七月の骨(4)
     いやぁかっこいい!ホントに才能にたいしての考え方がかっこいいです吉田先生。悩んで悩んで描いたものが、自分の今の考えなんだけどそれがまたボツ。辛い、そりゃぁ破きたくなるそれでも坂上さんの言葉から破くの止める、このシーンがすごい印象に残りました。
     坂上さんの言葉はいちいち心にくるんですよね、才能はあ...続きを読む
  • 七月の骨(2)
    "これが本当の
    プロフェッショナル。

    歯を食いしばり、
    自分の仕事の
    誇りを胸に秘めて
    その稼ぎで
    家族を守る。

    有名だろうが、
    有名でなかろうが、
    それは変わらん。

    売れたからといって、
    連載もせずに
    テレビや対談で
    浮かれているような奴は
    プロまんか家とは言わん!

    筆を武器がわりに
    家族...続きを読む

特集