けーしんの一覧

「けーしん」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/09/06更新

ユーザーレビュー

  • 妖怪と小説家
    壱の話からじんわりと怖かったです。妖怪は昔からそこに在る存在で、その存在に少しだけ道が触れてしまうだけという雰囲気が新鮮でした。関わりすぎない、妖怪の世界と小説家の世界が交わることもない、でも互いにそこにあって生きている、そんな雰囲気が面白かったです。ダザイ先生はチャーミングだな。
  • 妖怪と小説家
    小説家の太宰先生と編集の水羊さんが不思議に出会うお話。
    太宰先生と丁々発止の仲でイラストレーターの中原先生とか、美食家の谷崎先生とか、どこかで聞いたことのある誰かたちが現代の作家としてそこにいて、原稿を書いて、編集者とやりとりして、怪異に遭う。
    特に説明はないのだけども、そういう状況が面白い。

    ...続きを読む
  • 妖怪半分 学生半分
     神坂一さんの書き下ろし作品で、しかも初の妖怪物である。
     それだけに期待度は高かったのだけど、ちょっと緩かったかな、というのが正直な感想である。特に主人公の心情変化がスムーズでなくて、物語を追うのにやや苦労した印象だ。
     ノリの軽さとテンポの良さはさすがの一言だけど、稀綱とマキの心情が見えづらくて...続きを読む
  • 建築学科のけしからん先生、天明屋空将の事件簿
    女子大生の月島小梅は憧れの建築家・天明屋空将の助手になりますが、想像していたのと違い空将は天才だけどかなりの変人。でも、小梅のストーカー事件や小梅の同級生の恋人(人間ではなく建築物のミニチュア?)消失事件等、建築関係の謎を解いてくれます。
    悪くはないけど、次も読みたい、と思うほどの力はなかったかな。
  • 伊織さんと彼女
    イケメン彼女と、彼氏のいちゃつきっぷり。

    これはもう、確かに彼氏の座を受け渡した方が、と
    思ってしまうほど、彼女のイケメンっぷりに脱帽。
    こんな事、小説か漫画以外で見たことがありません!
    それほどの男っぷりに拍手したいものがあります。
    そして彼女のご家族もちらっと出てくるのですが
    そこもまた、ほの...続きを読む

特集