「石川サブロウ」おすすめ作品一覧

「石川サブロウ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/17更新

ユーザーレビュー

  • 神様のカルテ(1)
    原作は2010年本屋大賞第2位受賞。櫻井翔で映画化とメディアコンプレックスの一作。そのふたつは知らないが、漫画も素晴らしい。
    石川サブロウはワタシには「がばいばあちゃん」でおなじみで、マンガらしい世界の展開が好きだったが、こちらは対象が児童でないので複雑な表現ができていてさらに面白い。
    心の内面の...続きを読む
  • 神様のカルテ(1)
    丁度映画化の頃に外で読みました。
    外なのに泣きっぱなしでした。
    今小説の方読み終わったところですが、どちらも好きです。
    逆から読んでたらイメージ崩れたとかあるのかな?
    また読み直したいです。
  • 神様のカルテ(2)
    一昨目同様に、涙なしでは読めなかった。
    ハルさんの様に泰然としていられたら素敵であるなぁと思ってしまう。
    缶コーヒーの使い方かわ秀逸である。
  • どらコーボク(1)
    労働監督署の話。労務災害隠しなど警察ものの亜流のような面白さがある。面白いテーマを見つけたものだが、石川サブロウにしては話の起伏がやや不足。小路谷純平の力不足なのでしょうか。
  • 神様のカルテ(2)
    「神様のカルテ」ってそういえば原作が有名なんだ。北上次郎さんはボロクソに言っていたけど。今回のテーマは医師は泊まり込みで勤務をしていて、体調を崩して静養していても患者から非難される。医師である前に人間なのではないかというのがテーマ。医療ものは今過剰で、その中でこの程度の話だと読みたいと思わないのでは...続きを読む