青木朋の一覧

「青木朋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:青木朋(アオキトモ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:12月19日
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

京都府立大学文学部歴史学科卒。『三国志ジョーカー』、『幇間探偵しゃろく』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/01/16更新

ユーザーレビュー

  • 三国志ジョーカー 5
    四巻までの表紙は、登場人物たちが現代のものを身につけるというアンバランスさが魅力でしたが、最終巻の諸葛亮だけは古代スタイルで、ぐっとくるものがありました。
    ずっとツンだった諸葛亮が見せる怒濤のデレの連続が気持ちいいくらいですが、過去に囚われ司馬懿にしか興味を持てなかった彼が、劉備や趙雲と絆を深め、自...続きを読む
  • 月は囁く 下
    中国系アメリカ人の月(ルナ)は、天才心理学者。
    相手の顔つきや表情、仕草などから真実を知る、いわゆる「観相」。

    ピノキオ効果、陰虚燥熱(いんきょそうねつ)、血虚肝鬱(けっきょかんうつ)、空想虚言症、蓋然性の犯罪、解離性同一性障害、などなど

    如何にしても、彼女は真実に迫るのか。
    それは、彼女の苦し...続きを読む
  • 月は囁く 上
    中国系アメリカ人の月(ルナ)は、まだ若いが、最近日本にやって来た天才心理学者。

    血の繋がらない兄・陽一(警視庁の刑事)と、同居することに...
    そして、頼りない兄を、天才少女が助ける形に。

    「相は心に従って生ず」
    相手の表情やわずかな動きで、真相に迫る「観相」。
    彼女が暴くのは、いかなる真相か....続きを読む
  • 天空の玉座 1

    面白い!!

    1巻の表紙の絵が好みではなかったので期待してませんでしたが、すっかり魅了されてしまいました。
    内容は涙あり、ドロドロありの王道アジアドラマという感じですが、老若男女に受けるバランスでまとまっていると思います。
    読みやすいです。
  • 龍陽君始末記 1
    「机上の空論」で青木朋さんの紡ぐ亜細亜的世界観に惚れこんだんですが、どっこいこちらも面白い!
    型破りな県知事が主人公がその優れた閃きでもって次々に持ち込まれる難題を解決していく、言ってしまえば中国版水戸黄門+大岡越前のようなライトなミステリーものなんですが、纏足や袖犬、科挙における代作など、当時の中...続きを読む