ハマザキカクの一覧

「ハマザキカク」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/24更新

ユーザーレビュー

  • ベスト珍書
    著者は日常的に新刊図書情報(月刊6000冊あるらしい)を確認しているそうだが、本書を書くために100万冊の書誌情報を確認したという。

    本の世界の奥深さを感じざるを得ない。

    読書家の世界も上には上がいるものだ。
  • ベスト珍書
    薦められている本も、さすがになるほど珍書揃いだし、ただ珍しいだけじゃなく、読書意欲もそそられる本が多くて、思った以上に楽しめた本。最初本屋に並んでるのを見た時、ちょっと惹かれたけど棚に戻して、でもその後、書評とかで数回目にした結果、やっぱり読んでみたけど、正解だった。
  • ベスト珍書
    「読んでみたい」「ながめてみたい」本はあまりないが、ネタとしては十分に面白い。一冊だけ「珍書名」で取り上げられていた本を読んだことがある。「世界一の映画館と日本一の…」内容はとってもまともでした。
  • ベスト珍書
    <目次>
    まえがき
    第1章 珍写真集
    第2章 珍図鑑
    第3章 珍デザイン集
    第4章 珍造本
    第5章 珍理工書
    第6章 珍語学書
    第7章 珍人文書
    第8章 珍医学書
    第9章 珍エロ本
    第10章 珍警察本

    <内容>
    何で出版したのか?中には意図的な、中には真面目な、中には天然な、「珍書」が目白押し。で...続きを読む
  • ベスト珍書
    奇書珍本に関する本はいろいろあるけど、この本はトンデモ本やサブカル系、フィクションや稀覯本を外した上でのチョイスというのが良い。「怪書・エログロ・発禁本」という帯のアオリはちょっとミスリードのような気がしていて、むしろイグ・ノーベル賞のノリで読むのが吉。至って真面目に作られているけど、そこはかとない...続きを読む