「黒岩祐治」おすすめ作品一覧

「黒岩祐治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/22更新

ユーザーレビュー

  • 灘中奇跡の国語教室 橋本武の超スロー・リーディング
    一冊の本を三年間かけて読み込む。
    作中に出てきた単語や、表現、気になることがあれば徹底的に調べ、横道に大きくそれながら学んでいく。
    まさに知るを楽しむといった授業。
    とても面白そうな授業です。
    私も学生の頃、こんな授業を受けたかった、と思います。

    また、先生自身が学ぶことが好きで、凝り性で、そして...続きを読む
  • 灘中奇跡の国語教室 橋本武の超スロー・リーディング
    素晴らしい内容だった。灘という学校が非人間的な詰め込みではなかったことを知ったのも新鮮だったし、本当の知性を育てる教育についても描かれている。英語にも通じるものがある。ラストで、クライアントさんのフリースクールの母体のことにも触れられていて意外な驚きと可能性を感じた。
  • 灘中奇跡の国語教室 橋本武の超スロー・リーディング
    国語の授業の大切さを知っている人には、この本のおもさがわかると思う。この本に描かれている伝説の教師 橋本武氏も、「国語は学ぶ力の背骨、生きる力そのものです」ともいっている。
    この本に触れることで、私は中学時代の国語時間、恩師に自分の視点を褒められ、自信をつけたことを思い出した。
    橋下武という方の、学...続きを読む
  • 灘中奇跡の国語教室 橋本武の超スロー・リーディング
    兵庫県で生まれ育った自分にとって、灘中は雲の上の存在だった。目指すことすらはばかられて、そこに入った児とか出ようもんなら、物凄い騒ぎになっていた気がする。これ読んでて、名門たる理由の断片が垣間見えた気がした。国語って、特に才能に負う部分が大きくて、努力とか学習ではどうにもならん印象が強いけど、こうい...続きを読む
  • 灘中奇跡の国語教室 橋本武の超スロー・リーディング
    以前から興味を持っていたけど、感心できる内容。その場しのぎの対策は「その時の」本人たちにとっては甘美だが、人生はその後も続いていくわけで。橋本先生のような一見本筋からそれているような、遠回りのような授業が結局「国語」の本筋なので。教科書ガイドをただ読むだけのような全く意味のない現代文、現代語訳を読む...続きを読む