澤見彰の一覧

「澤見彰」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/11/25更新

ユーザーレビュー

  • ヤマユリワラシ―遠野供養絵異聞―
    供養額絵によって依頼人を癒しながら、絵を描くことで通じ合っている桂香との日常のほっこり感、
    時折現れる兄や武士としての立場に対する葛藤と悲しみ、桂香が忌み子として不幸の象徴になっていった過程のモヤモヤ、幸福な日常が奪われる不穏な予感、苦しさ。終始、心が惹きつけられるお話だった。

    〇一揆について
    ...続きを読む
  • ヤマユリワラシ―遠野供養絵異聞―
    一気に読み終えてしまった。
    最初に描かれている童女がもしやあの子では、とはらはらしながら読んでいったら、なるほど、こういう終わり方か…
    すごいです。面白かった。
    なんとも切ない終わりでしたが、納得のいく終わりだったと思います。
    多賀狐かわいい。

    ふと、この辺りは3・11で被害を受けた辺りかな、と思...続きを読む
  • 白き糸の道
    江戸後期の養蚕の歴史がよく分かって面白い。
    小さな枠の中に収まらぬお糸が
    自らの力で人生を切り開いていく。
    そして転機が訪れる度に現れる魅力的な男性たち。
    明治の時代をどう生き抜いたのか知りたい気がする。
  • ヤマユリワラシ―遠野供養絵異聞―
    穏やかで、優しい。そして強くて、だからこそ胸が苦しくなるほど切なかった。

    現絵の中では幸せであってほしい。
    けれど、この世で幸せであるべきで。

    すべての人の生き様に、いろんなことを考えさせられた。実物のその絵を、見てみたいなぁ…
  • 屋根裏博物館の事件簿
    昭和三十年代を舞台にした民俗学ミステリ。
    某絵馬の話やあることで財を成す話は(過度なネタバレ防止のため具体的な名詞や説明は割愛)自分も何かの本で読んだことがあった話だったので、知っている民俗学ネタが登場して興奮しつつも、こういう話にしてくるかと驚きもした。
    しかも、基本的にどの話も後味が決して良くは...続きを読む