藤井孝一の一覧

「藤井孝一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/14更新

ユーザーレビュー

  • 読書は「アウトプット」が99% その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方
    ●読書によって、人格がつくられる。

    ●本を読むことは、一言で言えば、幸せへの自己投資です。

    ●読書は、人生の価値観を変える。

    ●本を誰かにプレゼントするのも、アウトプットのひとつ。
  • 読書は「アウトプット」が99% その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方
    得た知識のアウトプットの重要性は他の読書術の本でも見てきましたが、人に話す
    という点が私には抜けていました。

    というのも自分が「こんなことも知らないのか」という態度の読書家になっていたことのを本書で気づけたのです。

    「アウトプットは人のためならず」
    人に丁寧に教えてあげることで自分の理解も深まる...続きを読む
  • 読書は「アウトプット」が99% その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方
    「なりたい自分」になるために、いつか理解したい本や将来読んでみたい本で「かっこいい本棚」をつくるというのは面白い。そういえば、三国志が本棚で眠ったままやわ。普段から人の名前が覚えられないのに、登場人物の多い歴史物はハードルが高い。いつか付箋を駆使して読んでみたい。
    巻末のお勧め本の中に、数年前に読ん...続きを読む
  • 週末起業
    "サラリーマンでいるリスクは、収入が一カ所からであり、そこがなくなったときには途方に暮れるほど、大きな影響を受けることだと思う。こうしたリスクをヘッジする意味で、週末起業という考えが生まれている。会社を辞めないで、銭をかけずに好きなことをして週末起業してみよう!という本だった。
    税金についてもふれて...続きを読む
  • 読書は「アウトプット」が99% その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方
    いかに読書を自分の身にしていくか、ということについて書かれた本。
    本をいかに読むかと同等以上に、読んだ本をいかに血肉としていくかが重要。
    それは、インプットとアウトプットのバランスをとることである。
    インプットばかりすると、頭でっかちの自己満足。インプットせずにアウトプットばかりしても、中身のない面...続きを読む