「グループ現代」おすすめ作品一覧

「グループ現代」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/12/16更新

ユーザーレビュー

  • エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
    この本は大きな衝撃だった。エンデが経済について語っていることが、ではない。ほかの誰であれ、同じように衝撃的だっただろう。エンデの読者もそうでない人も、この本によって、いままで当たり前の前提だと思っていたお金に対する認識への疑義を迫られるはずである。社会というシステムにとって、慣れ親しんだやり方を捨て...続きを読む
  • エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
    Mon, 24 May 2010

    大作です.
    地域通貨や現代の金融の問題を問うならば必ず読まねばならない本であろう.

    NHKが作成した番組「エンデの遺言」をベースにして著作としてまとめた本.
    分担執筆のために,全体での微妙な冗長さは後半にあらわれるが,
    良くできた本だとおもう.

    エンデとは「モ...続きを読む
  • エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
    なぜ世の中に美味しい話が存在するのか。そういったものに興味があったからこそ、根底から考え方を変えさせてくれた本。本や創造性についてと得られるものが多かった。非常におすすめ。
  • エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
    なかなか気になりつつ手が出なかったのですが、やっと読みました。
    自分達が使うお金というものの本質を垣間見れた気がします。
    また、お金、仕事、コミュニティについて改めて考えてみたいと思います。地域通貨やリングをもっと勉強してみたいと思いました。
  • エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
    エンデがシュタイナーの学校にいたのはほんの短い間だったようだが、
    父親の生き方と共に
    共生社会を目指して実践したシュタイナーの思想を強く受け継いだ
    文学畑だけに留まらず文化政治経済の社会に入り込み
    あきらめずに直接働きかけ続けた人でもあった
    彼は「もも」というファンタジーで「時間」の暴力性...続きを読む