鈴木健太の一覧

「鈴木健太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/05更新

ユーザーレビュー

  • みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]
    Pro Gopher による Gopher 達のための一冊
    Golang を扱っている上で、これはどうしたらいいかなと考えがちな部分に光を当てた一冊。Go を書いていてかゆい部分がある方はまずこの本を手にとってみることをおすすめする。タイトルにある通り実践テクニックをまとめた本なので、入門書ではない...続きを読む
  • データ分析基盤構築入門[Fluentd,Elasticsearch,Kibanaによるログ収集と可視化]
    1章 データ分析の概要
    2章 ログデータの基礎
    3章 データ分析基盤の構築
    4章 データ分析基盤の運用
    5章 ログ収集ミドルウエアの紹介
     概要の紹介
    6章 はじめてみようFluentd
     データ転送ツールであるFluentdの説明。Input->Filter->OutPutとプラグインを活用してス...続きを読む
  • データ分析基盤構築入門[Fluentd,Elasticsearch,Kibanaによるログ収集と可視化]
    fluentdは本当にすごい発明だと思う。
    データストアと可視化ツールは本書でも触れられているように、Elasticsearch以外に選択肢が沢山ある。

    データのストリーミングはfluentd以外もう考えられない。
    プラグインを書いてくれている方たちには感謝してる。
  • みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]
    Go言語学習の二冊目にピッタリな実践的な内容に富んだ本だった。150ページに満たない、比較的薄い技術書だが、内容は濃い。
    まだそこまでGo言語に通じているわけではなく、「何かを書いてみたいけど、ベターな書き方がわからない」といった私にはとても学びの多い本だった。
  • みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]
    細かな文法や書き方には触れず、副題通りGoを実践的に使うにあたり、役に立つtipsがいろいろと含まれているという内容。なので端から端まで役に立たなさそうでも、目次をパラパラ見て「これは知りたいな」という章が少しでもあれば買っていいと思う。間違ってもGoの1冊目として買うべき本ではない。