「沖田正午」おすすめ作品一覧

「沖田正午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 陰聞き屋 十兵衛
    自害した藩主の遺恨を晴らすため江戸に出てきた元忍びの頭、十兵衛と三人の手下達。といっても暗い話ではなく、すぐに金に困って陰聞き屋なる商売を始めます。雰囲気としてはこの作者の「質蔵きてれつ繁盛記」みたいで、笑えます。
  • 刺客 請け負います 陰聞き屋 十兵衛2
    十兵衛と手下の三人のやりとりが面白いです。陰聞き屋稼業が思わぬ形で亡き藩主の仇討ちへと繋がりますが、絶好の機会であったにも関わらず、「痛い!」で終わり。でもなんか責められない。笑える本ですよ。
  • 往生しなはれ 陰聞き屋 十兵衛3
    陰聞き屋シリーズ三冊目です。
    亡き藩主の仇を狙う四人の元忍びという荒唐無稽な物語ですが、
    この作者の場合はストーリーよりテンポがよく、軽妙な会話で読ませます。
    今回は笑いが若干少なかったかなと星一つ減らしましたが、最後まで
    どうなるんだろうと期待できます。
    前回もう少しのところまで追い詰めながら、「...続きを読む
  • 陰聞き屋 十兵衛
    自裁に追い込まれた藩主の遺恨を晴らすため、十兵衛はかつての部下三人とともに国元から江戸に出た。両替商の後ろ盾を得て、「陰聞き屋」なる悩み相談の稼業を始めることに。初めの仕事は酒問屋の入り婿の素姓探索だったが、大道芸人たちの立ち退き相談にも乗ることになり……。
    十兵衛たちの初仕事はいかに!?
    すいすい...続きを読む
  • 姫様お忍び事件帖 それみたことか
    軽~~く読める時代物ですね。先が読めるところが、ある意味安心していられる話だと思います。
    畠中さんの”若旦那シリーズ”くらいの読みやすさです。
    お鶴ちゃんの今後の成長振りが気になります。