「北岡孝義」おすすめ作品一覧

「北岡孝義」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/16更新

ユーザーレビュー

  • スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
    スウェーデンに関する新書2冊目。この書ではスウェーデン政府の「国民の家」としての機能に着目している。WW2後、戦後女性の雇用を押し出したスウェーデンでは伝統的な家族のあり方が失われ、社会は喪失感、不安に襲われ自殺率は急増した。そこで政府が子や年配者の世話をする「父親」の役割を果たし、社会保障を充実さ...続きを読む
  • スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
    最近スウェーデンという単語を何となくよく耳にしていて、どんな国なんだろうという興味から、読んでみた。
    スウェーデンというと、税金が高く、社会保障が充実している国というイメージだと思う。
    本書はその根底に何があり、なぜそうなっているのかを教えてくれる。
    「国民の家」という理念の元、全ての国民を国家の家...続きを読む
  • スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
    日本人が学ぶべきは、スウェーデンの個々の具体的な福祉政策ではないことに、本書を読んで納得。

    将来をどうするかの国家理念、政治の透明性や情報公開の在り方など、国民と政府の相互信頼という根幹が日本に欠落していることは衆目の一致するところだと思うけれども、対照的に、スウェーデンでは何事を進めるにあたって...続きを読む
  • スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
    高福祉、高税率のスウェーデン。
    スウェーデンが福祉国家となり成功するまでの背景や国の成り立ち。

    スウェーデンのことを知らなくても、その歴史とか国家戦略とか面白い!!
    結局、ぱっと見て分かるのは、表面の結果とか知識だけで、その元となるものをしっかりと知ることって大事だなって思いました。
  • スウェーデンはなぜ強いのか 国家と企業の戦略を探る
    福祉大国で有名なスウェーデンがなぜ成功しているのかをわかりやすく紹介してくれる。
    成功に至るまでにあった問題などもわかりやすく提示してくれているので、マイナス面もきちんと書かれているので信ぴょう性が高い。
    高福祉高負担を国民が受け入れることができた理由は、国民が国を信頼できていること。そのために徹底...続きを読む