「杉本章子」おすすめ作品一覧

「杉本章子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • カナリア恋唄 お狂言師歌吉うきよ暦
    あと一話、最終話を残して逝ってしまわれたのか。「といちはいち」の事件はどう決着するつもりだったのだろう。それよりも日向と歌吉にはインタビューでの予告通り、悲しい結末が用意されていたのか。作中人物の命は著者の思いのままながら、著者自らの命はいかんともし難い。一度きり会話させただいた杉本さんは才色兼備、...続きを読む
  • 春告鳥 女占い十二か月
    主人公は睦月から師走までの各月に生まれた12人の女性たち。実際に出版されていたという『女用知恵鑑宝織』に記される自らの生まれ月の吉凶占いを読み、惑う者あり、あしらう者あり。月々の風習や風物の描写が心地よいし、ためになる。
  • お狂言師歌吉うきよ暦
    先日読み終わった「大奥二人道成寺」と同じお狂言師歌吉シリーズである。
    この「うきよ暦」のほうが先に書かれたものである。
    江戸情緒たっぷりのなかに、少しスリリングな場面もでてくる。
    読み出すと引き込まれて止められない面白さで、
    睡眠不足にさせる、罪なことである。
  • 起き姫 口入れ屋のおんな
    浮気相手に子供まで出来た夫に嫌気がさし離縁。実家でも心休まることなく行き着くところはかつての乳母の元 口入れ屋。
    人と人とを結ぶ口入れ屋。
    人が生き生きと描かれていてたくましくも微笑ましく暖かく読めた。
    面白かったなぁ。シリーズ化されないのが哀しい。
  • 起き姫 口入れ屋のおんな
    杉本先生の本を読んだのがこれが初めてでとても面白かった。夫が浮気で子を生したことで婚家を出たおこうが元乳母の後を継いで口入れ屋の女主人になるお話。江戸市井のお話は大好きなのでこれから杉本先生の小説を沢山読みたい。江戸市井の話と言えば宇江佐真理先生がお書きになる小説も大好きだったが、お二人とも同時期に...続きを読む