ネヴィルシュートの一覧

「ネヴィルシュート」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/12/02更新

ユーザーレビュー

  • 渚にて 人類最後の日
    世界がゆっくりと終わっていく。打開策も超展開もなく、ただ終わっていく。それだけの話なのに、なぜか心を掴まれた。映画を観ているかのように、ひとつひとつのシーンがありありと目に浮かんできた。
  • 渚にて 人類最後の日
    1950年代に発表されたSF小説だが今読んでもまったく色あせない。それどころか、最近書かれたものと錯覚してしまうくらいの内容。核戦争後に生き残った人類を描くストーリーは涙なしには読み切れない。人はこの世の最後が迫った時にどうするのか。人々の行動がきれいすぎるようにも思えるけど不自然なことも様子もなく...続きを読む
  • 渚にて 人類最後の日
    バーナード嬢曰く。で、神林しおりが海で読んでいた本なので読みました。
    終末を描いた作品。絶対に人間が死に絶えるとわかっている世界を、軍人とその家族、そしてその家族を取り巻くまた別の家族のやり取りの中で綺麗に描いている。

    人類最後の日が来る中で、愛車に乗って愛車を走らせて死にたいと思う男や、人類最後...続きを読む
  • 渚にて 人類最後の日
    心がシンとするような、静かな物語。
    人類の終末において、一人ひとりが、死を自分事としてゆっくりと受け入れていく様が丁寧に描かれている。
    いつどんでん返しがやってくるのかな、と淡く期待していたけれど、来る日はまっすぐにやって来た。

    未来に思いを馳せて予定を作る人、一縷の希望に背中を押されて航海する人...続きを読む
  • 渚にて 人類最後の日
    ずっと気にはなっていた一冊。
    あらすじからだと、どんだけパニック&アクション&スリル満点でしんどい内容なのかとか思っていたけれど、予習に読んだ「パイド・パイパー」で、やかましい小説を書く人じゃないんだなとか安心したので、いざ読んでみたら、悔しました…。
    あー…、駄目だコレ名作だわ(笑)
    人生後半、余...続きを読む