黒谷宗史の一覧

「黒谷宗史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/04/16更新

ユーザーレビュー

  • おどろ領域ナユラ (3)
    完結
    3巻で終わってしまったのは実に残念だが、内容は決して薄っぺらくない、ガチンコの怪奇モノだったので、物足りなさは一切なく、むしろ、満足できた
    最初から最後まで、好い加減の太腿のムチムチさだったのも最高だ
    最大にして最悪の厄災の根源たる、カシマレイコとの対峙も、ゾワゾワ、ブルブル、ガタガタに満ち、...続きを読む
  • おどろ領域ナユラ (2)
    相も変わらず、他に追随を許さない程、エロおぞましい漫画だ
    このインパクトある漫画を読んでると、黒谷先生が師匠の中山先生の所で、多くの物を自分の血肉にするべく、必死になったのだ、とよ~く理解できる
    才能っつーより、泥臭くて暑苦しい努力で漫画を描くのは、師匠譲りかな?
    この巻では、怪奇事件でナユラとカナ...続きを読む
  • おどろ領域ナユラ
    まぁ、読んだ人は大抵が思った事だろうから、私が言うのも野暮だろうが、関崎俊三先生の『恋愛怪談サヨコさん』の設定にちょっと近いかな?
    でも、画のエロさ、特にスカートを捲し上げた際の太腿のエロさには昂ぶる。肋骨の肉付きに次いで、太腿の弾力にも重きを置いている私としては心震えた。ただ、全体的ストーリーのテ...続きを読む
  • おどろ領域ナユラ
    内気で引っ込み思案の墨百合ナユラさん。
    人付き合いは下手だけど、妖怪・生霊・怨霊付き合いはとっても得意。
    行き場所の無い彼ら、彼女らを
    自らのスカートの中に住まわせ、楽しく暮らしております。

    絵がとても魅力的だし
    何より妖怪らの扱いが毒にも薬にもならない丁度良い加減なので読みやすく
    それでいておど...続きを読む
  • おどろ領域ナユラ
    負の感情や、怪異の表現が好き。
    特に怪異はグロテスクなのに目をそらしたくなるような不快さがなく、しかし確実に不気味。主人公との対比もいい。

    ただ、随所で現れるコメディ的なノリは苦手。
    こういう作品の定番を表面だけ真似ているような感じで、作品の空気や流れと馴染んでおらず、個性もなく、蛇足。読んでいて...続きを読む