清水一浩の一覧

「清水一浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/30更新

ユーザーレビュー

  • なぜ世界は存在しないのか
    現代哲学を代表するマルクス・ガブリエルの代表作。やっと読めた。この人のおかげで、哲学に興味持てたし、資本主義への違和感が形になったし、いったい全ての人間に共通で当てはまるものってなんだろうって考え始めることができた。

    一般読者を対象に書かれているということもあって哲学書の割には理解しやすかった。
    ...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
     最近とみに注目されているらしいマルクス・ガブリエル、2013年のベストセラー。邦訳は2018年講談社選書メチエなので、入手しやすい廉価設定かつ、ごつくない。
     一般読者向けに自身の哲学を平易に記述したものなので、すこぶる読みやすい。ただし、文章は読みやすいが言っている内容はかなりラジカルな部分もあ...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
     ベストセラーにあまり触手が動かない僕だが(読むのがとんでもなく遅いので読みたくても読めないだけ)、こういう本があるからやはり油断してはダメだ。僕は、この著者の主張に対する反発と同意を同時に覚えながらこの本を読み進めた。こういう読み方ができる本は意外に少ない。

     僕はここのところずっと、「科学で世...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
    哲学書にしては非常に分かりやすい語り口と内容。

    キルケゴールを通して、宗教の意味を説く章は白眉。バランスが取れている。

    マレーヴィッチを通して、芸術の意味を説く章も刺激的。

    エンドロールに示された、世界がない故に、新たな意味の場が生まれる、との主張には希望すらある。
  • なぜ世界は存在しないのか
    哲学で最も基礎的な存在と認識に関する問題に真正面から取り組んでいる。結論だけ見れば、日常的な感覚に即した極めて穏当なものだが、少しでも哲学をかじった者ならば、著者の論の進め方になるほどと思うのではなかろうか。論の雰囲気だけで言うならば、フッサールの現象学にウィトゲンシュタインの言語ゲーム的なものの見...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!