「飯田進」おすすめ作品一覧

「飯田進」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/11/25更新

ユーザーレビュー

  • 地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
    太平洋戦争の戦場の現実を知らないで(あるいは知らないふりをして)、靖国、安保条約、改憲(実情は反憲?)問題を議論するのは、机上の空論、歴史に対する侮辱 と思う。
    海外で刑に服していた戦犯が日本に帰ってくる(スガモですが)ことができたのは、法廷を開いた宗主国が植民地の独立で主権を失ったから、警察予備隊...続きを読む
  • 地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
    戦争の映画は、よく見る方ですが、最近では、日輪の遺産、一枚のハガキをみて感動と言うか、涙がでて、戦争の悲惨さを感じました。ニューギニア戦線の真相を読み、映画では知り得ない戦争の実体、事実を知ることができました。私たちは、戦争の経験はありませんが、歴史の事実を若い方々に伝えていくことは大切な事と思いま...続きを読む
  • 地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
    「英霊」などという言葉を軽々しくは使ってはならないですね〜。何百万もの兵士を餓死、病死に追いやったのは軍部の稚拙な作戦のせいだと思います。
    そうした軍部の責任がいまだに追及されていません。それが一番の問題だと思います。
  • 地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
    幽霊本 をみたら ある 陸軍跡地に 幽霊が出る 話が書いてあって その部隊っていうのが まさしく ニューギニアで 玉砕 した 部隊だったので その幽霊は いったい どんな姿で 現れるんだろう と 思ったことでした。幽鬼のように やせた姿で 現れるのか それとも 出陣の時の姿で 現れるのかだいたい 靖...続きを読む
  • 地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
    軍部は死んだ兵士の家族には、何処どこにて戦死したと告げたのであろうが、実際は戦場で敵弾に斃れたのではなく、多くの兵が無謀な作戦によって武器も食料も乏しいなか、病気や飢餓によってその貴い命を落としたのである。著者が言うように彼らが果して日本の将来の礎になったと言えるのであろうか。為政者は戦争の真実に目...続きを読む