今野勉の一覧

「今野勉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/19更新

ユーザーレビュー

  • 宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)
    以前から気になっていた本だったので、文庫版になったのがありがたくてありがたくて即座に購入。
    読むのに随分時間は掛かってしまったが。
    何しろ内容量が多いし濃い。
    現地にまで赴き、非常に細やかに宮沢賢治の詩や物語を読み解いているので、ドキュメンタリーを見ている気になった。
    (事実、著者はテレビ業界人、ド...続きを読む
  • 宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)
    「生命の伝道者としての賢治」、「農業に希望を託す賢治」…など著者はこれまで「四人の賢治像」をもっていたが、五人目の賢治と出会うことになる。

    これまで看過してきた賢治の文語詩。そこには「凶」「猥」「呪」などの禍々しい気配を発する文字が並ぶ。
    探偵のように、秘められた賢治の姿を探る。
  • 金子みすゞ ふたたび
    震災後にCMでよく流れていた「こだまでしょうか?いいえ誰でも」の詩人の生涯を追っかけたものです。

    前に詩集を読んで、その感性というか世界観にとても感銘を受けてました。その詩人が若くして自殺したということで、どんな人生だったんだろうと気になってました。


    作者はNHKで過去に同じテーマで番組を作成...続きを読む
  • 宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)
    今野勉『宮沢賢治の真実 修羅を生きた詩人』新潮文庫。

    同じ岩手県出身の石川啄木に比べ、宮沢賢治が多くの人の研究対象になっていることは非常に不思議なことだ。確かに渋民にある石川啄木記念館よりも花巻にある宮沢賢治記念館の方が観光地化され、人気の高さを感じる。

    前置きが長くなったが、本書は宮沢賢治の残...続きを読む
  • 検証・真珠湾の謎と真実 ルーズベルトは知っていたか
    戦後長年にわたり繰り返し登場する、連合軍が真珠湾攻撃を事前に把握していたという、「真珠湾陰謀説」について、研究家が検証し論破。
    歴史修正主義者に熟読させたい一冊。