「今野勉」おすすめ作品一覧

「今野勉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/10更新

ユーザーレビュー

  • 宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―
    作品のみならず本人もファンタジーの世界の住人に思えてしまう宮沢賢治を1ページごとにリアルの人にしていく執念深い作業でした。遠くの賢治を隣の賢治へ。著者がテレビドキュメンタリーというジャンルを創成した巨匠であることは知っていましたが本書でも徹底的に文献主義、現場主義を貫きつつそこで起こる著者の「閃き」...続きを読む
  • 金子みすゞ ふたたび
    震災後にCMでよく流れていた「こだまでしょうか?いいえ誰でも」の詩人の生涯を追っかけたものです。

    前に詩集を読んで、その感性というか世界観にとても感銘を受けてました。その詩人が若くして自殺したということで、どんな人生だったんだろうと気になってました。


    作者はNHKで過去に同じテーマで番組を作成...続きを読む
  • 検証・真珠湾の謎と真実 ルーズベルトは知っていたか
    戦後長年にわたり繰り返し登場する、連合軍が真珠湾攻撃を事前に把握していたという、「真珠湾陰謀説」について、研究家が検証し論破。
    歴史修正主義者に熟読させたい一冊。
  • 宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―
    宮沢賢治の詩(心象スケッチ)の春と修羅や永訣の朝。童話の銀河鉄道の夜について、それらの書かれた背景や真相を
    あぶりだすという内容の本。
    それぞれ有名な名作なので、いつか読んだことのある詩や
    童話です。
    ただ、あまりに、捜索の手法が強引というか、著者の思っている方向に結び付けようとする意図が強引すぎる...続きを読む
  • 検証・真珠湾の謎と真実 ルーズベルトは知っていたか
    ルーズベルトは真珠湾攻撃を知っていたか。
    日本が米国に攻撃してくれることを望んでいたことは分かっているが,それに加えて,真珠湾攻撃自体も知っていたのか,について膨大な資料を引用しながら検証している。
    結果は,,,
    読んでみて下さい。