「平山亮」おすすめ作品一覧

「平山亮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/04/08更新

ユーザーレビュー

  • きょうだいリスク 無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる?
    「潰してしまってもいい子」の話はショックだった。
    所得の再分配後に貧困率が上がる話(OECD諸国で日本だけ)も数字で見ると強い印象が残る。
    現在の福祉モデルがもうダメになっていることがわかった。戦後の数十年しか対応できないモデル。
  • きょうだいリスク 無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる?
    実に面白かった。兄弟の経済格差は実は社会問題の格差の問題であること。家族の問題は実は社会構造そのものに規定されていること。そもそも、戦前は夫婦でも子供がいない夫婦も多くて養子制度が幅を利かせていたこと。核家族化というのは、いままでの大家族制度を維持したままで、戦後の高度成長期という国家による扶養によ...続きを読む
  • 迫りくる「息子介護」の時代~28人の現場から~
    まえがきで丁寧すぎるくらい、この章は読み飛ばして
    大丈夫ですとたくさん書いています。

    「息子」が親の介護をすることについて。
    前半部がデータの検証的な話で
    実例が少なくぴんと来る話も
    ないので、ちょっと失敗かなと思ったら・・・、
    後半の読み応えのすごさ!!

    仕事から介護に比重を移した時の、経済的...続きを読む
  • 迫りくる「息子介護」の時代~28人の現場から~
    むかしは、介護といえば、女性がこれにあたるものとされる向きが強かった。娘であったり、息子の嫁であったり。それがいまや、配偶者による介護だったり、息子による介護だったりというのが、増えているようですね。とくに息子介護については、一人っ子化、晩婚化、独身でいる人の増大という現代人の在り様の傾向が影響して...続きを読む
  • 迫りくる「息子介護」の時代~28人の現場から~
    息子介護はブラックホール。解説で上野千鶴子は指摘する。介護、をめぐるシチュエーションは息子介護に限らず、100人いれば100通りのそれがある。しかしそれにしたってブラックホールなのが息子介護なのだ。
    理由はなんとなく、感覚としてわかる。それこそ「もう一つの男性学」ではないけれど、日本の男という生き物...続きを読む