「清川幸美」おすすめ作品一覧

「清川幸美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/10更新

ユーザーレビュー

  • 世界を動かした21の演説 ― あなたにとって「正しいこと」とは何か
    マーティン・ルーサー・キング、マハトマ・ガンジー、チャーチルといった有名な演説だけではなく、ビンラディン、死刑囚などの演説。ブッシュやサッチャーの戦争を正当化する演説。などなど、よくも悪くも、現在の世界を形成してきたインパクトのある演説を21本収録している。

    もちろん、演説だけでなく、解説もとて...続きを読む
  • 発想を事業化するイノベーション・ツールキット ―― 機会の特定から実現性の証明まで
    良著。近年のデザイン・シンキングの個別手法・手順が細かく書いてある。ユーザー解決したい課題(JTBD)定義から始まり、結果期待・測定指標定義をし、発想技法のコンセプトーアイデアー技術・プロセスープロト評価ー結果管理まで書いてある。何度も閲覧できるよう電子書籍化、いつでも使えるよう書式やツールをキット...続きを読む
  • 善意で貧困はなくせるのか?――貧乏人の行動経済学
    タイトルへの答えを言えば、”No”だろう。ビジネスの世界では、これから導入しようとする戦略などがどれほど有効か、効果があるのかよく吟味した上で実行されるが、開発の世界となるととにかくいいことだからやってみるということが多く、それでは本当に効果のある開発は行えないと指摘する。また、貧困国にくらす彼らも...続きを読む
  • 善意で貧困はなくせるのか?――貧乏人の行動経済学
    現代には国際的な援助プロジェクトがさまざまに林立していて、それぞれが支援を求めています。ただ、営利団体と違って、こういった団体・プログラムが自らに課している評価や検証は甘いケースが多いので、その援助が実際に貧困層にどのような影響を与えるのか、投資対効果はどうか、持続可能なものなのか、そういったことを...続きを読む
  • 世界を動かした21の演説 ― あなたにとって「正しいこと」とは何か
    「こんなもん、たかが詞じゃねぇか」と言ったミュージシャンがいた。そう、
    言葉なんて「たかが言葉」なのである。

    でも、その言葉は人に行動を促したり、考える機会を与えたり、いい方向
    にも悪い方向にも力を授けたりする。

    アメリカの公民権運動に尽力したマーティン・ルーサー・キングの「私には
    夢があります...続きを読む