「青木淳悟」おすすめ作品一覧

「青木淳悟」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/03更新

ユーザーレビュー

  • 匿名芸術家
    デビュー作『メルヘン』は再読。
    まさに夢を見ているような、しかも細部まで克明な夢を見ているような小説。
    設定なんてはなからどうでもよいと思って読むと楽しめた。笑えた。読者が何日もかけて本を読み通すように、書き手もその日その日の気分で書いている。それを無理から統合しようとすると、面白い物語ができる。本...続きを読む
  • 私のいない高校
    まず、表紙絵が好き。

    本書は、ある高校教師の日誌をもとにしている。だから、語り手は教師のようにも思われるのだが、そのくせ人称は「私」ではなく「教師」という三人称なので、いまいち感情移入できない。しかし「視点」は、つまりカメラのレンズは一人称であり、なんだかものすごく距離感がおかしな小説。なにより可...続きを読む
  • 私のいない高校
    読んでるうちはそうでもないのだが、読み終わってからぐわわわ〜と来る・・・すごい小説。
    海外からの留学生を受け入れた高校の、2年菊組の1学期が淡々と語られる。他の方が書いている通り、先生が主人公っぽいけどピントがズレていて明確な主人公が不在のまま物語が進んで行く。特別な事件が起きる訳でもなく、大どんで...続きを読む
  • 私のいない高校
    学級通信「乱筆乱文」っていいなあ。熱心なのが、描かれないのに伝わってくる(ふつうは「2A通信」、それどころか「学級通信」だってありえる)。
    朝日新聞の書評(奥泉光だったっけ)の、「小説 ≠ 物語」たしかに。
    主語としての「教室」(not 「私」)。「担任」は教室を引っ張っていく存在であるから、先頭に...続きを読む
  • 学校の近くの家
    家の窓からは教室が、教室の窓からは家が見える。そんな目と鼻の先にある小学校に通う小学五年生・村田善一の視点で立ち上がる、小学生小説。
    家と学校とご近所という、よく言えば守られた、悪く言えば閉ざされた逃れようのない世界。出席番号順に机を並べたり、アルコールランプに蓋をしたり…といったようなことを日常に...続きを読む