「新藤宗幸」おすすめ作品一覧

「新藤宗幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/21更新

ユーザーレビュー

  • 教育委員会 何が問題か
    教育委員会事務局、渦中にいながらにして、なんなのかまったく分かっていなかったことがよく分かった。

    最近(?)の教育委員会制度の改変問題について、根本的なことが分かっていなかったことにも気づく。
    わたしも単純に、首長が変わるたびにその自治体の教育方針が変わったりしたらまずいじゃん、と考えていたが、話...続きを読む
  • 教育委員会 何が問題か
    教育委員会制度を廃止し、首長のもとに教育行政をおくならば、首長な独善が目立つようになるとの批判が根強い。だがそのような批判を加え、タテの行政系列を守るというのではなく、地域レベルにおける教育の共同統治のしっかりした仕組みを作ることこそ肝心である(学校委員会)。
  • 教育委員会 何が問題か
    日本の教育行政について。
    著者とは思想が相容れない部分がある為、読み辛かったです。
    著者はこう主張します。

    日の丸の掲揚、君が代の斉唱の強制は、どのレベルの教育であれ大事にされねばならない「思想・信条の自由」を脅かし「教育の荒廃」につながる。

    私自身は小中高と公立学校に通った中で、日の丸、君が代...続きを読む
  • 教育委員会 何が問題か
    教育委員会が文科省→都道府県教育委員会→市町村教育委員会の縦のつながりにより形骸化しているのではないかとの認識の下、地方分権時代にふさわしい地方教育行政制度について言及しています。なんと、文科省の初等中等教育局を廃止し、地方の教育委員会も廃止するべきというのである。それらの改革の是非については判断が...続きを読む
  • 教育委員会 何が問題か
    教育行政の上意下達構造に異を呈した本。とはいえ、書いてある内容が少々専門的すぎて(自分にとっては、だが)正直言ってよく理解できなかった、そのため再読の必要あり。
    文科省からの意向が教育委員会を通じてそのまま下に下ろされ、それゆえ各地域の子供たちの実態に即した教育がなされていないというのは確かに問題だ...続きを読む