「森田長太郎」おすすめ作品一覧

「森田長太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/09/05更新

ユーザーレビュー

  • 国債リスク 金利が上昇するとき
    双子の赤字時代の米国は、限られた資金を民間から国が奪うクラウディング・アウトの典型的なケース。
    今は、お金を刷る(中央銀行が国債を購入する)ためクラウディング・アウトは発生しない。

    金余り、とは民間の資金需要が小さいこと。

    労働報酬の抑制→企業の金余り→銀行による国債購入の原資=労働者から国への...続きを読む
  • 日本のソブリンリスク―国債デフォルトリスクと投資戦略
    バークレイズの現役バンカーによる日本のソブリンリスクの概況の説明。日本経済はあまりに巨大であり、また現在対外債務がある訳ではなく、人口動態など先進国の将来を先取りしているフロントランナーで、過去の国家のデフォルト事例(流動性不足を契機にした韓国へのIMF介入が例示)はあまり使えないとしている。
    デフ...続きを読む
  • 日本のソブリンリスク―国債デフォルトリスクと投資戦略
    ギリシャのデフォルトが騒がれる今日この頃、国が無くなるわけでもなくイメージはし難い。それを理解するためにソブリンリスクとそれが顕在化した時にどうなるのか、定義から考えている。
  • 日本のソブリンリスク―国債デフォルトリスクと投資戦略
    ちまたに言われている国債危機がトレーディングの当事者から見れば、あまり説得力がないことを明快に説明している。ただ、公務員の規模が欧米に比べ、大きくないことから削減は現実的でないと言っている点はどうかと思う。たしかに比率が見れば大きくないとのことだが、それは実際に行っているサービスで比較されるべき。
  • 日本のソブリンリスク―国債デフォルトリスクと投資戦略
    日本国危機、とか財政破綻、とかギリシャとかイタリアの
    二の舞だとか叫ぶ発狂寸前の論説とは一線を画し、
    市場を知っている人による冷静な日本のソブリンリスク研究。

    新興国のキャッチアップ、人口動態の成熟化に先進国のなかで一番早く衝突したのが日本。
    高齢化対応内需振興、社会保障再設計、一定程度の増税が対...続きを読む